チェックがあるから部下が動く

2015.10.17(土)「部下の人間性は

信用していい。しかしその仕事は信用するな」

こんな事を書くと、「上に立つ者が部下を信用

しなくてどうするの?上司が信を置くからこそ

部下もそれに応え、仕事へのモチベーションも

維持できるんじゃないか。」なんて怒られそう

ですが、それは、「人」と「仕事」とを混同

していることに由来する「美しき誤解」です。

hawaii-life-20141217-001

人は、弱い生き物です。どんなに高い職業

倫理を持った人でも、千万単位の現金を見れば

つい出来心がきざすことはある。また人は、

現状に満足しない生き物でもあります。高い

モチベーションをもって仕事をしている人でも、

「楽をして大金を稼ぎたい」「手を抜けるもの

なら抜きたい」という気持ちはゼロにはできない。

つまり部下の「人柄」と、その部下の成果物

たる「仕事」とは、まったく別のものだという

ことです。そして、管理職に求められるのは

あくまでも「数字」です。ということは、

必然的に「仕事」を問わなくてはならない

ことになりますね。

ここには性善説が存在する余地は無いです。

常に部下の仕事を疑い、なにか誤魔化しては

いないか、未達成の事柄はないかと細心の注意

を払い続ける必要があります。そこまでやって

こそ管理職としての使命をまっとうしたことに

なります。「人は信用していい。仕事は信用

するな」とは、つまりこういう態度のことです。

さて、「人間性は信用する」「仕事は信用

しない」とは、具体的にはどうすることなのか。

端的にいえば「部下の仕事は常にチェック

すること」、これに尽きます。

ではいったいなにを、どうチェックすれば

いいのか。それは一言、「なんでもいい、

どうやってもいい」です。部下の日別・週別

の売り上げをチェックするでも良し、定期的

にお客様訪問に同行して仕事ぶりを確認する

でも良し。どういうことであれ、必要だと

思うことを、自身の裁量で自由にやって構い

ません。

ただし、忘れてはいけないことがあります。

それは「〇日にこれこれのチェックをするぞ」

と事前に必ず告知しておくことです。すると

部下は、チェック日が近づくと、それまでの

怠惰な勤務態度はどこへやら、必死になって

帳尻を合わせて頑張ります。

そんなことでいいのか? もちろん構いま

せん。というより、そうでもしないと部下は

まともには仕事はしません。自身の学生時代

のことを思い出してください。普段は遊び呆け

ていても、テスト前になると一夜漬けで試験

勉強をしたでしょう? 「明日はテストだ」

「進級がかかっている」と思うと、それは

それは素晴らしい集中力を発揮して、それなり

の点を取ったでしょ。テストという「チェック」

のあることが、態度を変えさせたのです。

会社も同じです。部下は「自分の仕事は常に

チェックされる」と思うから動く。 中には

チェックなどしなくても自発的に働く人もいる

でしょう。しかしそれはごく一部のエリートに

限った話です。少なくとも中小企業にはそんな

殊勝な心がけを持った人材はいない。皆さんは

このことを認めなくてはなりません。

では、また。・・・・

====================
本日の言葉の定義・・・・「仕かける」
ジッとしているのも人生だが、「打って出る」
人生こそ価値がある。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ