仕事にタイトルをつける

2015.10.19(月) 前回は、部下は

チェックをされると思うからこそ動く。

つまり、チェックは内容そのものよりも、

「ある事」が大事なのです。どんなことでも

いいから思いついたことを適当にチェック

リストにアップしておけば十分です。それで

不具合が生じたら随時訂正していけばいい。

と言いました。本日はその続きを・・・

20100219083030

チェックをよりやり易く(かつより有効に)

するためには、以下に述べるふたつのことを

「見える化」しておくことをお勧めします。

一つは、「仕事のタイトルの見える化」です。

「そろそろ部下を営業に行かせなきゃ」と頭

で漠然と思っているだけでは駄目です。必ず

「お客様訪問」「商談」とタイトルをつけ、

グループウエア等には勿論のこと、ホワイト

ボードなどにも明記しておく必要があります。

新聞のTV欄を思い出してください。

「プロ野球ナイター・巨人×阪神」とか

「ニュース〇〇」とか、一目で放送内容が

分かるようになっています。だから視聴者も

「見よう」という気になる。仕事のチェックも

それと同じです。一見して仕事内容が分かる

ようにしておかないと到底把握などできません。

ですからこのタイトルは、具体的であれば

あるほどよろしい。例として「お客様訪問」

「商談」と書きましたが、実際には「お客様訪問」

よりは「お客様訪問・・・」としたほうがいいし、

「商談」よりは「〇〇の件に関してA社部長と

打ち合わせ」のほうがいい。仕事の内容が判断

できるタイトルをつけてください。

もうひとつは「時間の見える化」です。

仕事を始める時間と終える時間を決めておく。

普通の管理職は、仕事を始める時間は決めるが、

終わる時間は決めない。だから部下はいつまでも

だらだらと仕事をしてしまうのです。

皆さんは部下があらかじめ決めた時間を

過ぎても仕事が完遂できていないことが

チェックで判明したら、はっきりと「それは

もう止めろ」と指示しなくてはならないのです。

こういうことができる管理職は意外に少数です。

「この仕事は完遂するまでやる」。これは

言葉だけ見ると素晴らしいことのように思え

ますが、実はそれこそが一番効率を下げ、

質も落とす考えかたです。真面目で熱心な

管理職ほどそういう傾向がありますので、

皆様は是非とも気をつけてください。

チェックは、部下にとっては気の重い、

嫌なものでしょう。そんな意を汲んで

ついおざなりにしてしまう管理職も少なく

ないと思います。しかしそれをやるからこそ、

部下は業績が上がり、昇進・昇給という果実

を手にすることができるのです。すなわち

チェックを行なうことは、部下を贔屓する

ことなのです。そう部下に思わせることが

できたら、皆さんの「勝ち」です。

では、また。・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・・・「叱り方」
同じことを何度も、うんざりするくらい全力
で叱る。人前で叱る。相手の目を見ながら、
叱るべき問題点をできるだけ具体的に。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ