ちょっとした心遣い

2015.11.5(木) 皆様はお客様が

何を望んでいるかを理解できていますか?

自社の仕事がお客様の抱える問題・課題を

解決する「問題解決業」であることを理解

出来ていない方が、実はとても多いのです。

多くの営業会社が増収できない最大の理由は

ここにあるように思います。

自分たちのニーズや望みを満たしてくれて、

不満や不安や心配を取り除いてもらえるなら、

お客様は喜んでお金を払って下さいます。

お金を渡す男性

そのためには、それを欲しいと思わせるだ

けの理由を、感情と理論の両面から提示して

いくことが必要です。それを買った方がいい

と思わせるだけの理由、同じ買うなら他所

よりこちらの方がいいと思ってもらえるだけ

の理由を示さなければなりません。その商品

やサービスが何らかの感情的心理的なニーズ

を満たすからお客様は購入されるのです。

自社の商品、サービスを買おうというお客

様の感情の高まりを作り出すことは大切です。

しかし、それと同時に、契約して良かったと

お客様に思って頂けるだけの、筋の通った理由

も必要です。そうでなければ継続した増収は

望めないでしょう。

お客様との直接面談は、大事な情報収集の場

です。お客様の声に耳を傾け、それを一歩進め

ることです。自分のことを好意的に見て貰える

ようにするには、他所と違うことをしなくては

いけません。常識にとらわれずに考えましょう。

誕生日のお祝いカードや花、会社設立お祝い、

ハガキの活用、子供の七五三など、ほとんど

コストのかからない、ちょっとしたことでも

相手にはしっかり気持ちの伝わることをする

ことです。

「このちょっとしたことがすべてなのです」。

何故ならほとんどの会社がやってないからです。

では、また。・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・・・・「 資産 」
収入を得る根源になるものです。銀行はピア
ノを担保にお金を貸さない。ステージに客を
ひきつける、ピアノを弾く技術には貸す。
資産は本来、目に見えないものです。健康、
いろいろな技術、コネ、信用等も資産です。
要するに、それをもっていれば、収入が得ら
れるというものです。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ