他所にない自社の「売り」

2015.11.6(金) 商売を成功させる

ための最大の秘訣は、他所にはない「売り」

があること、他所とは違っていることです。

商品でもサービスでも、他所にはないもの

を提供しなくてはなりません。しかし、ほと

んどの会社はただ漫然と、他所と同じような

もの(顧客からは同じとしか見えないモノ)

を売っています。

500_32693142

他所との違いがなければ、単に店頭に並べた

大根を売っているのとなんら変わりません。

他所にない売り(サービス)をつくるとは、

仕組みづくり」です。すぐに真似されるよう

なものであっては、お客さんが「なぜあなた

から買わなければならないか」という問いかけ

に対して、強烈なインパクトを与えることが

出来ないからです。

新規開拓において、見込み客が自社の商品

(サービス)と、現在取引している競合他社

の商品(サービス)との間には、どんな違い

があるかを考えた時、多くは変わらないはず

です。多少の違いといえるのは価格ぐらいの

ことでしょう。 これではお客様が、あえて

自社との取引に変更をする理由はありません。

自社に「売り」がなければ、営業マンは

熱意と根性」の営業に走る他ありません。

我々は自分達が考える以上にありふれて

いる存在だということです。一度、自身に

問い掛けてみるべきです。

 

【 お客様が、「御社でなければ」と言って

くれるには、どうすれば良いのか? 】

 

大きく増収している営業会社に共通して

言えることは、他所と違う「売り」があるとい

うことです。

これこそ事業を成功させる最大の秘訣です。

他との違いを開発するには、自分には何が

できるのか? 自分だけでできなければ誰と

どのように協業(コラボ)すればいいのか?

もし我々がビジネスドクター(法人向け)で

あり、ホームドクター(個人向け)ならば、

既存客・見込み客を往診(訪問)し、これら

の答えをお客様から直接聞くことが肝要です。

きっとお客様は答えて頂けるはずです。

何故なら、そうすることで、お客様自身が

より多くの利益を得られる可能性が高くなる

のですから。  では、また。・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・・・・「自己評価」
努力を過大評価する。成果よりも、それまで
の苦労が優先される。甘い。ランクを一つ上
に見積もるものです。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ