基本動作と人材育成

2015.11.21(土) 私達の仕事の

基本は、「やるべきことをやり、やっては

いけないことをしないこと」というお話を

させて頂きました。本日は、その続きを少々

我々の仕事は、やるべきことをやり、やっ

てはいけないことをしないことが重要なポイ

ント、当たり前のことですが、非常に難しい

ことでもあります。

slide04

やって当たり前、やれて当たり前のプロの

世界に我々は居るのです。基本動作とは「基本」

を当たり前にやることをいいます。

どんなにプレゼンやセールススキルが上手でも、

挨拶や身だしなみ、態度如何によっては全てが

水の泡となりかねません。

基本動作は人材育成と平行して行うことで

効果が倍化します。インスタントな方法を求め

がちな時代のなかで、この基本動作を徹底する

ことこそが、重要であると私は考えます。

同業他社と商品に大きな差異が見られない

現代の成熟環境下においては、他との大きな

違いをだすには、価格とサービスの二点、

いずれかで勝負するしかありません。そして、

価格勝負にはどうしても限界がある事、資本力

の大きな相手には絶対に勝てない事等を考慮

すれば、競合と差別化する方法はサービスしか

ないという結論に至ります。

サービスで勝負するということは、人材教育

を徹底するということです。口でいうのは簡単

ですが、全社員に一定レベルの教育を施し、

そのレベルを継続維持し、向上させ続けていく

ことは、一朝一夕で出来ることでは有りません。

だからこそ、この部分でライバルより一歩、

二歩先んじる事が出来れば、強力なアドバン

テージとすることが出来ます。

どんなにすばらしい商品があっても、最後

には人が関わってきます。自分では一生懸命

やったつもりでも、評価するのはお客様です。

お客様から「感謝・感心」されるだけでは未だ

不足です。そこに「感動」がなければならない

のです。

お客様は元来、「わがまま」な存在です。

お客様は自分を大切に扱ってくれているかどうか

を感じ取るのに敏感です。お客様が本当に満足

しているかを常に自問すべきです。挨拶、身だし

なみ、態度はお客様を不快にしていないだろうか。

 

「お客様は見ています」我々の一挙手一投足を。

 

では、また。・・・・・・

====================
本日の言葉の定義・・・・・「 しつけ 」
やってはいけないことを主として教える
ことです。
====================

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ