家庭を第一に考える

2015.11.27(金) 先日、飲み屋で

たまたま隣に座った子(30代半ば位の男性)

と、何を話すともなく話していたときの話。

「最近、嫁さんと上手くいかなくて家に居て

も落ち着かず、休みの日も仕事と嘘ついて

外出したりするけれど、どうも気分が晴れず、

そのせいか、仕事も手につかないんです。」

という様な内容の話を彼がしたのです。

shutterstock_146261240-500x334

そして、「実際ミスも増えてしまって・・・。

これは、私が公私混同してしまっているんで

しょうか。解決する方法はあるのでしょうか?」

と、相談されました。

似たような話を皆さんも聞いたことはありま

せんか? 又は、実際に経験は無いですか?

実はこれは由々しき問題なのです。家庭の

ことを仕事に持ち込まないのは社会人としての

基本です。しかし、家族仲を健全に保てない

あまり仕事のパフォーマンスに影響してしまう

ことは、確かにあります。

これはまず、仕事どうこうよりも、奥様との

関係を先に修復し、後顧の憂いを絶つべきです。

そのためには、必ず奥様とともに過ごすコミュ

ニケーションの時間を持つことが大事です。

聞けば、休日にも外出してしまっていると・・

彼も精神的に疲れているみたいですが、奥様も

寂しいでしょうし、一人で抱えてしまう愚痴等も

あるのではないかと思います。

出来れば、日曜日は自分と家族のために時間

を使うと決めて行動することをお勧めします。

(実際にそう進言しました。)

例えば、午前中は書斎等で自分の為の時間を

持ち、午後からは奥さんや家族と一緒に家事や

買い物、行楽等の時間を持つようにします。

そして月に一度くらいは奥様と二人で食事にでも

出かけて、美味しい料理やお酒を楽しみながら、

奥様の話をじっくりと聞いてあげると良いでしょう。

ここで鉄則なのが、「一切逆らってはいけない」

ということですね。ちなみに、出来ればお寿司屋

さん等のカウンター席で、目の前にイケメンの板前

さんを置いて機嫌よく話してもらうことです。

これがテーブル席だと、愚痴が苦情に変わることも

あったりしますから、ご注意を・・・

こういう時間を意図的に作っていない彼の方に、

より大きな問題がある。というのが私の考えです。

皆様にも参考にして頂ければと思います。(笑)

では、また。・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・・・・「 実行 」
まずなんでもやってみる。行が先で考があと。
小さいことを確実に行う。簡単な計画でよい
からつくる。やりもしないで「難しい」とか、
「無理だ」「出来るわけがない」と言う人は、
自分がそれをやったことがないので、出来る
かどうかが分からないにすぎない。やってみ
ないと分からない。
====================

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ