カラーバス効果

2015.12.5(土)「カラーバス効果」

という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

英語で綴るとcolor bath。つまり

「色を浴びる」という意味の言葉です。

カラーバス効果とは心理学用語の一つで、

意識していることほど関係する情報が自分の

ところに舞い込んでくるようになるといった

ことです。

top_logo

例えば朝の情報番組の占いで「今日のラッキー

カラーは赤です!」なんて言うのを聞いて

しまったとします。するとその時点から、

無意識に赤い物を見つけてしまうのです。

玄関先の小物であったり、街の自動販売機

であったり看板であったり、コンビニの商品

であったり。・・・

これらの赤い物は元からそこにあった

ものです。今日のラッキーカラーに合わせて

設置した訳ではありません。特定の色を

何かしらのきっかけで意識しまったおかげで

目に入るようになったのです。

これは色に限った話ではありません。

人間の脳は特定の物事を意識し続けると、

その間に得られた視覚・聴覚などの情報から

その物事に関連する情報を積極的に選んで

認識するという性質があるのです。

色の場合は視覚情報から意識した色を率先して

見つけるということをしているわけです。

逆に言えば意識しない物事は、認識されにくい

ということを意味しています。例えばこんな

経験をしたことないですか?

〝用事があって街に出かけたとき、その用事に

必要な認め印を家に忘れてしまったとします。

「しまったな、とりあえず買おうにもこの近くに

印鑑売ってるとこなんか見たこと無い。・・」

と思いつつ周りを見渡すと、すぐそこの

文房具屋さんに印鑑販売のショーケースが

あるじゃないですか〟

よく通る道なのに全然知らなかったのです。

これもまた知らなかったというより、普段は

興味が無かった為に見えていなかったのです。

世の中は情報にあふれています。これらの

情報をすべて認識していては脳は疲れてしま

います。そのため「積極的に意識した物事」

に関する情報「だけ」を脳は選び出すのです。

何かアイデアが必要なときはとにかく

それを考え続ける、意識し続けるのです。

そしてそうしながら本を読む、街を歩くなどの

情報を多くインプットする行動を起こすと、

自然と答えが見えてくるということを示しています。

意識しないことには何も答えは見つからないのです。

では、また。・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・・・・「 実力 」
失敗の数です。実施すべきこと、実行すべき
ことを確実に手際よく行える能力。行動する
ことを第一とします。キャリアがあるのとは
違います。人間は力がつけばつくほど、よい
ことが多く実行できるようになります。無理
をしないと実力はつかない。
====================

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ