ビジョンを持ったアイデアの実現

2015.12.19(土) 女性の方は、

経験があるかと思いますが、ピアスを留める

「ピアス留め」これが結構外れやすいそうです。

そこに目を付け、「クリスメラキャッチ」

という外れにくいピアス留めで起業した、

菊永恵里さんという女性社長さんのお話です。

60

菊永さんは、交際中の男性に、ピアスを

失くしたことを怒られ、私が悪いんじゃ無い。

外れやすいピアス留めが悪いんだ。と思い、

ならば、外れにくいピアス留めを作れば、

売れるんじゃないか?と考えたそうです。

当時IT企業の会社員だった菊永さん

ですが、企業家意識は16歳の頃からあって、

銀行員だった父親に、事業計画書などを、

思い付く度、何度も何度も出していたそうです。

結果はいつもダメで、実は自分に起業させ

たくなくて、わざと否定し続けているんじゃ

ないかと、自分のプランのまずさは棚に上げて

憤慨した時期もあったようですが、この

「ピアス留め」のプランを見せた時、「この

商品なら海外の特許もおさえて海外に行け」と、

初めてOKを貰ったそうです。

新鮮な視点。ライバルの不在。ピアス利用者

の過半数が「紛失経験あり」という独自調査

がポイントでした。

そして起業するのですが、最初から順調に

販売できた訳ではありません。宝石店に

営業をかけるものの、断られたり、否定され

たりし続け、あるところでは、「ピアスは無

くしてくれた方が次が売れる」と言われた事

もあるそうです。

それでもいつか誰かが分かってくれるはず

だと信じ、活動を続けていたところ、ちょうど

発売開始から2か月くらいの時に、ある楽天

のショップの店長さんから扱いたいと連絡が

入ります。

その人は元々宝石業界の人でなく、元は

IT業界の出身で、「ピアスユーザーは絶対

にピアスを失くしたくない。 ただ、値段が

5000円というところで何%が欲しがるか

というところはあるけれど、商品は確実に

面白い」と言って扱いました。

そしてかなりの広告を投入し、今までにない

商品だったこともあって、とてもいい結果を

出したのです。楽天市場の中のランキング

上位に入るようになって、他の店舗さんも注目

するようになります。そして、発売開始から

4年位たった頃から、ユーザーの満足度が次の

購入につながると理解するようになったる宝石店

も取り扱うようになり、現在のヒットとなった

のです。

アイデアや発想を生み出すことも大切ですが、

しっかりとしたビジョンやデータの裏付けも、

非常に大切だと感じました。

私もしっかりとしたビジョンを持って、

目の前の仕事と向き合おうと思います。

では、また。・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・・・「弱者の戦略」
自らの力の範囲内で、敵に勝る威力を発揮
できる地域を限定して、その地域に販売努力
を集中することが大切。小さなテリトリー
で戦わないと勝てない。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ