「環境整備」チェック日

2015.12.25(金) 我社では、

毎朝30分間、掃除を中心とした「環境整備」

という活動を行っています。と、何度もお伝え

させて頂いています。

img1 (1)

そして、その活動の出来具合を確認する為、

「環境整備」チェック日なるものを設けて、

4週間に1回、私自身が社員より選抜した2名

を連れて、各エリアをチェックして回って

います。

私が「整理・整頓・清潔・礼儀・規律」を

チェックする際に特に見るのは、しかるべき

場所にしかるべき物が収まっているかどうか。

実は、掃除が行き届いているという意味で

綺麗かどうかを調べているわけではないのです。

もちろん綺麗であるに越したことはありませんが、

それよりも、決められた物が決められた場所に

収まっていることによって、それを必要とする

人が探し回らなくてよくなるということが大事

なのです。

置き場を決めると、例えば資料一つとってみても、

「探す」という不必要な要素をカットできます。

一つの物のために何十分も時間をかけて探し、

また探しを繰り返していると、本来業務に

当てられるはずの時間が目減りしてしまいます。

その効率の悪さが業績悪化の引き金になるのです。

大事なのは整理整頓です。雑然としたオフィスは

無駄の温床。無駄な時間を社員に背負わせるのは

忍びない。私はそう考えているのです。

整理整頓は、最も身近なところからできる

「仕組み化」です。会社の中にある物や情報を

整理整頓して整えておくことで、何かを忘れたり、

なくしたり、探すのに時間を取られたりする

リスクを排除できます。金銭ではなく時間・労力面

でのコストカットをするという考え方なのです。

キチキチに忙しく働いているつもりでも、

1日の中では、無意識の内に結構無駄な時間を

過ごしているものです。自身の行動や習慣を

見直し、徹底的に無駄を排除しましょう。

では、また。・・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・・「 社長2 」
社員からはなかなか社長の仕事が見えない。
「社長は気楽でいい。誰からも指示されないし」
と思われがちです。でも、中小企業の社長は
銀行からの借金・リースの保証人に個人で
なっている。会社が倒産したら、自宅などを
売って、借金の肩代わりをしなければなら
ない。最後は全責任をとる。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ