部下の抱える「ギャップ」を見逃すな

2016.1.13(水)「理想と現実との

間でギャップを感じる」人間誰しも感じる事

です。とりわけ新入生や新卒社員等、新しい

環境に飛び込んだ人間は、大なり小なり必ず

抱える問題です。

Job interview

しかし、注意して下さい。これは何も新人

に限った問題ではありません。ある程度キャ

リアを積んだ一般社員にも起こる問題です。

経営者や幹部社員といった皆様からみれば、

なんといっても彼らは未熟で、仕事のことも

あまり理解していないし、成功体験も少ない

です。当然、皆様は管理職として、彼らの

ギャップを埋める手伝いをしなくてはなりません。

ギャップを埋めるために、皆様が最初に

すべきこと。それは頻繁に、かつ満遍なく部下に

声かけをすることです。これは仕事のことでも

いいし、下らないことでもかまいません。

「あの件、どこまで進んでる?」とか「最近

なにか面白い映画は観た?」とか、積極的に

部下に話しかけてください。

かえって疎ましがられるのでは、などと悩む

必要はありません。人間にとって一番こたえる

のは無視されることです。最初は「A課長って、

やけに口数が多くて馴れ馴れしいな」などと

思われても、やがて胸襟を開いてくれます。

【まったく管理職の心、部下知らずです】

また「満遍なく」という見地から、皆様は

部下の誰に、どれだけ声かけをしたかをきちんと

記録しておいてください。そうしないと必ず偏り

が出てしまいます。偏りが出れば、それは即、

部下の不満につながります。平等に声をかけている

ことは、かけているつもりとは違うことを肝に

銘じてください。

こういうことを面倒くさいと思ってはいけません。

部下に声かけをするのも、その回数を記録するのも、

管理職たる皆様が普段している仕事に比べれば

ずっと簡単なことであるはずです。

なぜ声かけが大事なのかというと、実は皆様の

部下はギャップそのものにはさほど悩みはしません。

ただギャップに由来するコミュニケーション不全

にこそ本当に苦しむのです。「駄目な奴と思われて

いるんじゃないだろうか」「かといって上司に相談

すると、いっそう馬鹿にされるのではないか」

という具合にです。管理職たるものは、部下の

こういう心理に常に注意深くあるべきなのです。

皆様が気さくに声をかけ、また声をかけられる

雰囲気をつくる「だけ」で、部下のストレスも

相当に軽減されるのは疑いのないところでしょう。

「手帳に声かけの回数を記録する」は、これを実現

するための一番簡単かつ一番確実な方法です。

しかもそれは、本人はもとより皆様にとっても、

また皆様の率いる部門全体にとっても有益なことで

あるはずです。

では、また。・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・・「 収益 」
現金に換わらなければ意味がない。
====================

 

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ