ストレス発散

2016.1.15(金) いつも明るく

元気な人を見ると、ストレスとは無縁の様に

思えて羨ましく感じることがあります。

しかし、実際にはストレスを感じない人など

いないのです。物事をあまりくよくよと考え

込まないように努めていたり、上手に発散

したりしているだけです。

そこで、私の考えるストレス発散の極意を

伝授したいと思います。(笑)

20120329124811401_315_o

単刀直入に言うと、ストレスを発散するには

お金を使うことが一番手っ取り早くていいです。

逆に貯金をすると、お金も貯まるでしょうが、

利子以上にストレスが溜まります。

昔、貯金好きな友人がおりまして、尋ねて

みた事があります。「貯金をする目的は?」

と。すると彼はこう答えました。「それは、

病気をしたりすると、入院や手術などでお金

が必要になるから」と。その後、彼は本当に

病気になってしまいました。なぜならば、

「病気になること」を目的にお金を貯める

精神的体質になってしまっていたからです。

「病気になっても困らないようにする!

病気になっても。 病気になっても・・・」

という想念が、実際に病気を引き寄せて

しまったとも言えるわけです。最近よく

言われる「引き寄せの法則」ですね。

これが別の目的であっても同じです。

「老後に困らないようにとにかくお金を

貯めなくては!老後に困らないように。

老後に困らないように・・」と考えていたら、

困ってばかりの老後を招きかねません。

「金は天下の回り物」とはよく言ったもので、

お金は適度に使ってあげる方が、心にも体にも、

環境的にも一番なのです。もっとも、宵越しの

金を持たないでいいと言っている訳ではない

ですよ。むしろ常識的な範囲での蓄えはきちんと

しておくべきです。しかし、お金は、使って

あげることによってストレスも一緒に連れて

行ってくれるものでもあるので、有意義に使って

あげましょう(笑)。

ストレス解消のためには、お金を使うのが

一番効果的な方法です。お金を使うためには、

使えるだけのお金をしっかりと稼がなくては

いけません。稼ぐためにはしっかり働かなく

てはいけません。しっかり働こうと思ったら、

自分の健康に気を遣い、同僚や仲間を気遣い

もっと真摯に仕事に打ち込もうと自然に思えて

きます。そのうちに評価が上がっていき、稼ぎ

もついてきます。お金を使うことは単なる消失

ではなく、好循環を生む窓口と見ることも

できるのです。 では、また。・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・・・「自由裁量」
目標とポジションだけを与えて、あとは
どうするかを任せることです。
====================

 

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ