部下との関係の取り方

2016.1.19(火) 部下との関係

において、とても仲が良い、友人のような

関係は築けている。しかし、今ひとつ彼らが

伸びて行っていないように感じる。自分に、

上司として何か足りないところがあるのでは

ないか。と、思い悩んでおられる方がいます。

58bfcda344a19a2d69ee61799bab71c3

社員とコミュニケーションをしっかり取り、

人間関係を円滑に保ちつつ、に的確な指導を

行っていくには、いったいどのようにすれば

良いのでしょうか?

まずはっきりと言えるのは、「友人のよう

な関係」ではいけない。ということです。上司

と部下はあくまでも上下ですから、友人では

ありません。友人関係における仲の良さは心情の

「情」、つまり心の交流のことですが、上下関係

においては、「情」 だけではなく「事」のやり

とりのほうが重要なのです。

例えば部下が大きな勘違いをしていたとします。

友人であれば、関係にヒビを入れたくないために、

その勘違いには触れないかもしれません。ところが

上下関係となるとそうはいきません。「こうしないと

君の仕事に支障が出る。もちろん上司の私にも会社

にも不都合が出る。だから直しなさい」とミッション

を明確にして言わなくては、不利益が出てしまいます。

「厳しいことを言って落ち込んでいる姿を見ると

かわいそう」 という甘っちょろい上司も中にはいる

でしょうが、本人が気付けないまま問題を放置して

いることほど残酷なことはないでしょう?

ちなみに部下が間違っている場合の是正の

方法で、有効なものが一つあります。それは、

うまくいっていることを真似する意識を持た

せる事(ケーススタディ)。次に、それを体に

しみこませるよう体験させること(ロールプレ

イング)。赤ちゃんが親の行動を真似ながら

生活行動を覚えるのと同じだと考えれば、分り

易いでしょう。漠然とした友達上司ではなく、

「事」を示せる上司でありたいものですね。

部下を指導する際には、友達関係を排除して

下さい。明確な目的をもって「事」に着目して

指導しましょう。もっとも十人が十人とも同じ

ように変化はしません。個人差はあります。

なので、部下に合わせて指導するのが正解。

オセロゲームのように一気にひっくり返ること

はないので、一枚一枚、丁寧に黒を白に変えていく。

その為の「上司の情」を持って下さい。

では、また。・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・・・「 集中 」
やらないことを決めることです。二兎を追わ
ない、二足のわらじを履かないこと。窓口を
できるだけ小さくして、長い時間をかけるこ
とです。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ