意思統一

2016.1.30(土) 中小企業では、

可能な限り少ない人数で効率よく仕事を行わ

なければなりません。それには、メンバーの

チームワークを図ることが基本となります。

img101

職場の意思統一は、先ず、目標と問題点を

はっきり示し、1.目標・問題点の達成及び

解決の手段は適切か? 2.メンバー各自が

それらに対しどのような役割を分担するか?

この2点について部署の中でよく話し合う事

が大切です。

管理者が一方的に割り当てるような方法は

避けた方が賢明です。このようなやり方は、

「押し付けられ感」が強くなり、モチベーシ

ョンを保てません。しかし、だからといって

メンバー各自の自由意思に任せてしまっては

纏まりがつきません。

そこで管理者としては、職場が果たすべき

目標の大枠を示し、その大枠を具体化する細

部の計画については、部下の提案や意見を誘

導するように持っていく方が良い。

ところで、目標への意思統一と役割の確認

をするためには、どうしても職場内で一定期

間ごとにミーティングを開く必要が有ります。

少なくとも週に一回程度は対話のあるミーテ

ィングを持ち、月に1回程度は問題点や仕事

の経過を報告しあい、アイデアを出し合う機

会を設けましょう。

職場で足並みが揃わないときは、得てして

管理者が独り相撲を取っていることが多いも

のです。一人で、ああしよう、こうしようと

息巻いてみても、メンバーが付いて来なけれ

ば意味がありません。

若い部下なら、「一刻も早く仕事から解放

されて自由な時間を過ごしたい。」と思って

いるかもしれないし、年長の部下なら、「あ

れこれ考えるのが面倒臭い。」という気持ち

が強いかもしれません。

このように職場のメンバー達は、それぞれ

の境遇や立場によって様々な思いを胸に抱い

て仕事をしています。

それを管理者の都合だけで先走ったり、

「メンバーだから自分と同じ考えになるのが

当然だ」と決めつけていては、人はついてき

ません。管理者なら、ときには、それぞれの

部下の立場に立って思いを巡らせてみるのも

必要なことですね。

では、また。・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・・・「しようがない」
外部環境に流されることです。打開策は生ま
れない。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ