社会参加の基本的ルール

2016.2.16(火)現代は自由参加の

社会です。自分の好みや、将来への希望など

で自身の職業なり会社なりを選ぶことの出来

る社会です。

Nikkan_careism_61507_1

それだけに、いったん会社や組織に参加し

たならば、持てる力を十二分に発揮して全力

を尽くすことが大切。もし、今ここ(自社)

に、何となく参加していると考えている方が

居られましたら、考え方を改められる事を推

奨します。

今皆さんが居るのは、「自分達の会社」で

す。『適当に』とか、『気楽に』なんて考え

ていては、自分の分を果たしていないばかり

ではなく、一所懸命に働く仲間にとって、大

変な迷惑となっているのです。

一所懸命とは、その昔、武士が賜った「一

か所」の領地を命がけで守り、それを生活の

糧として生きたことに由来した言葉です。

これが「物事を命がけでやる」という意味に

転じて、そして文字も「生きる」という文字

を用いて「一生懸命」と書かれるようになり

ました。

自分の領域をしっかりと守るということ。

そしてこれが、社会参加の基本的なルールで

あることを、充分に認識しなければなりませ

ん。

自分の領域、つまり自分の担当している仕

事に、一所懸命に取り組んで頂きたい。(言

うだけでは決して人は動かないものだという

ことも分ってはいますが・・・笑) かように思う

今日この頃です。

本日は少々短めですが、これにて終了と致し

ます。 では、また。・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・・・「 承認 」
部下の現場での苦労や努力をわかってあげる
ことです。誰もが、自分のことを上司にわか
って欲しいと思っている。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ