自主的に動く

2016.3.5(土) 「自主的に動く」

それ自身はとても素晴らしいことです。しか

し、こと会社の経営にあってはそうとも限り

ません。

皆さんの会社では、会議で方針が決定した

ら、日付と担当者を決めていますか? 誰が

いつするのかを決めないで、誰かが自主的に

動くということは、まずありません。実行し

なければ、それは絵に描いた餅。必ず「いつ

するのか」「誰がするのか」「何をするのか」

を決める必要があります。

suisinkaigi

部下に自主性がないと嘆くリーダーは多い

ものです。しかし、会議で決めた方針に従っ

て社員が自主的に動いてくれたとしても、

それは本当に良いことでしょうか。

自主性に任せていたら、1人に無理が掛っ

てしまうかもしれません。2人が自主的に同

じことをすれば、無駄になってしまいます。

自主的に取り組む人がいる事柄と、誰も動か

ない事柄が出る可能性が高いです。この様な

ムラもよくありません。

自主性に任せていたら、経営で排除したい

ムリ・ムダ・ムラが発生してしまうのです。

会議で決めた方針に関しては、自主性に任せ

てはいけないのです。任せていいのは実行の

部分(戦術)だけです。各種方針や戦略、期限

や担当までは、きちんと会社が決めるべきです。

いつまでに、何をするかを決めたら、誰が

するのか担当者を決めます。もし、誰がいい

か決まらなければ、とりあえずでもいいので

誰か担当者を書いておきます。次回正式に決

まったら書き直せばいい。こうしておけば、

もし次回に決めるのを忘れてしまっても、

とりあえずで決めた人の名前が担当として記

録されていますので、誰もしないということ

がなくなります。

【担当者は、適当に決めるのが正解】です。

例えば、入社順・職責順・50音順・・etc

会議の終了時には、次の会議の日程を必ず

確認します。基本的に我社は、1年後まで決

めていますが、変更になることもあるので、

その都度、先のスケジュールを確認します。

「次回までに〇〇をしましょう」とか、「次

回は〇〇を話し合いましょう」と言いながら、

次回の予定を決めずに会議を終わってしまう

会社が、意外と多いように思います。遊びも

同様です。「今度、飲みにいきましょうよ」

「そうですね」では、終わりません。私は、

「じゃあ、いつにしようか?」と、その場で

予定を決めてしまいます。(笑)

・担当者を決める
・次の予定を決める

いい仕事をするためにも、時間を効率的に

使うためにも、とても重要な習慣です。

では、また。・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・・「 真剣勝負」
逃げ道が無い。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ