上司の使い方

2016.3.10(木) 上司との関係が

うまく保てない・・・。 というような話を割と

よく耳にします。『私の上司は、上にだけい

い顔をして、下には厳しい人。私がうまく物

事を運んだら「自分の指導のおかげ」という

顔をしているし、ミスをしたり失敗したりす

ると「お前がしっかり努力していないからだ」

butyo

と厳しく突き放します。さすがに此処までつ

れない感じだと仕事にやる気が出てこない。

いったい、この上司とどう付き合っていけば

いいんだろうか?』

このように感じている人も結構多いのでは

ないかと、思います。

私が考えるところ、これは 【上司の使い方】

の問題だと思います。上司と部下との関係の

正しい在り方ではないがゆえに、一人で悩んで

しまっているわけです。。ただ、私は疑問です。

その悪い上司を作り上げているのは、いったい

誰なのでしょうか? それは、皆さんです。

まず、上司が的確な指示を出すためには部下

からの報告が必要です。しかし、大部分の部下

は報告をおろそかにしがちです。結果報告はす

るけれど、面倒くさいから中間報告はしない人

が大半ではないでしょうか。しかし、中間報告

というのは上司に自分の手柄を認めさせるため

に重要なプロセス。いい中間結果も悪い中間結

果も余さず報告しなくてはいけません。

上記のような心理的抵抗があると「悪い結果

は報告しにくい」と思うでしょうが、報告をこ

まめにすると、上司としては現状が悪化するの

を防ぐべく、皆さんに指示を出さざるを得ない。

それで結果が出なければ「〇〇課長(上司)の

指示通りにやりました。でも結果が出ませんで

した」というふうに、上司の失敗を目に見える

形にするためにまた報告する。

さすがに上司もこれではマズイ。器の小さい

上司だったら、上記のケースのように皆さんの

努力不足と言うかもしれませんが、そうなった

ら次の一手。「では、どの様に努力したらいい

のか教えて下さい」。そこまで言われたら上司

は上手くいく方法を考え、教えざるを得ないで

しょう。

こうして成功がもたらされたら、初めて「私

が勝ち得た成功です」と胸を張ればいいのです。

ずるい? そんなことはありません。これが正

しい【上司の使い方】なのです。

上司と部下との正しい関係を一言で言うと、

「言われた通りやってうまくいけば私(自分)

の手柄、うまくいかなければ悪いのは上司」。

報告というのは、自分の手柄を上司に認めさ

せるためだけに使うものだと割り切りましょう。

会社は「実績の証拠がある人」を認める傾向に

あります。細かな報告の積み重ねは、皆さんの

手柄を立証するための証拠なのです。

では、また。・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・・・「 人生 」
仕事の中に人生がある。仕事の選択によって
人生が変わる。仕事のレベルアップによって
人生が変わる。どこの会社を選択するかによ
って人生が変わる。自分の手でしか開けない。
予告も無ければ、リハーサルも無い。だから
初めて経験することであれば失敗する。何度
か怪我をし、取り返しのつかない経験をして、
自分の力で大きくなる。実行です。正しい判
断がすべてです。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ