気持ちを込めて話す

2016.3.11(金)多くの企業で年度

末を迎える今月も早や3分の1を過ぎました。

何かと忙しくされていることと思いますが、

多忙な毎日が続いて疲れてくると、人はイラ

イラとしがちになります。

イライラする1200X650-1200x630

いつもは笑って済ませることでも、虫の居

どころが悪いと妙に癪に触ったり腹立たしく

思えたりします。それが本人ばかりでなく、

相手も精神状態が穏やかならざれば最悪です。

 

 

お客様も機嫌の悪い時がありますし、同

僚にも当然あるでしょう。そこで、多忙なとき

こそ、自身のイライラをセーブして対応しな

ければなりません。そして、どんなに忙しい

ときでも、微笑みを持って相手に対するよう

にしたいものです。そう、それは気持ちを込

めて話すということですね。

 

お客様と話すとき、気を付けていても、普

段より緊張して話が一本調子になったことは

ないでしょうか。抑揚をつけたり、表情を意

識したりしても、上手く話せなくなることは

割とよくある事です。

 

そんな時は、心の底からの伝えたい気持ち、

情熱が大切です。これがあれば自然と真心を

込めた話し方になります。

今日も一日笑顔を忘れず、明るい対応で気

持ちのいい日にしましょう。

では、少々短めですが本日はこれにて・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・・「 親切 」
親と縁が切れても、生きていけるようにして
あげることです。猫かわいがりをするという
ことではありません。新人が早く一人で仕事
ができるように、チェックリストを使用して
厳しく指導してあげることです。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ