社長の仕事

2016.4.1(金)正しい情報に基づき、

痛みの伴う正しい決定をするのが社長の仕事

です。経営に関する、危険を伴う意思決定を

する。関心と行動の焦点を未来に合わせ、市

場とお客様の要求の変化に対応して、絶えず

脱皮を行い、高収益事業をつくりだすのが仕

事です。

l1ucho-41-mg2tsc96kn4fybg5r7gt5qd3we05mw996xpemh0g7o

「社長」をしているのは、男性/女性どち

らが多いかというと、圧倒的に男性です。

なぜ、女性の社長が少ないかというと、女性

には物を捨てられない人がとても多いからで

す。「もったいない」は、個人としては美徳

ですが、会社においては美徳ではありません。

ダメな商品/売れない商品/売れない地域

を捨てる。そして、社長の言う通りにやらな

い社員を、他の会社に行ってくれるように出

す(捨てる)。これが正しいのです。

女性の方は、なかなか「捨てる」ことが出

来ない。だから、社長に向いていないのです。

社長にとって大切なことは、「捨てる決定を

する」そして「決定したことをチェックする」

この二つです。

正しい情報(経営判断に必要な情報)とは、

次の5つです。

1)数字(実績報告)
2)『お客様の声』(褒められた事やクレーム)
3)ライバル情報
4)本部、ビジネスパートナー、市場の情報
5)自分、スタッフの考え

これらの情報が現場から、正確に、素早く上

ってくる仕組みを作り上げることが大切です。

難しければ、自ら情報を取りに行く位の事を

しなければいけません。

「痛みの伴う正しい決定」とは、「損を

する」ということです。「損をしないでうま

くやろう」として、うまく出来ることは決し

てありません。損をしないでやろうと思うか

ら時間がかかる。時間がかかったら、立ち直

れないのです。バサッと損をして、早く立ち

直った方が良い。

「経営に関する、危険を伴う意思決定」とは、

会社が潰れるかもしれないという時、何もし

なければズルズルと行ってしまうので、決定

をしなさい。ということです。

今のことをいろいろ言ってみても、何も変

わりません。今うまく行っていないのは、自

分が1年前に決定したからです。1年後、う

まく行かなくて良いと、決めたからです。

1年後を良くしようと思ったら、今日決めれ

ば良いのです。そうすれば、アクションが変

わります。

世の中が変わるので、それに合わせて会社

を変えなければいけません。「製造業80%

サービス業20%」だった時代から、今や

「サービス業80%製造業20%」になった

のですから、会社の仕事のやり方は、変える

のが当たり前です。

「自分は変わりたくない。でも、給料は変

わって欲しい」それは、社員のワガママ。

ダメな社長は、そのワガママを聞いてしまう。

でも、私は、絶対! 聞きません。

「絶えず脱皮を行い、高収益事業を創りだす」

のが社長の仕事です。

では、また。・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・・「 数字 」
数字はそれだけで言葉です。物事を客観的に
見ることができるもの。数字は決して嘘をつ
かない。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ