失敗

2016.4.5(火) 新しいことは、誰

でも失敗します。「0(ゼロ)から1になる」

のと、「1から2になる」のとでは違います。

体験がないことについては、最初は失敗する

のです。多くの人が「私は失敗したくない」

と言って、何もやらない。けれどもそれが、

【人生で最大の失敗】なのです。

o05000341shutterstock_338542724

また、失敗をした体験があると、リスクを

背負う時も、最小限のダメージでとどめる事

が出来ます。体験がないと、ダメージ100

%! です。「ダメージ100%」の人と、

「ダメージ受けても、60、70、80%」

の人では、後者のほうが良いのは当たり前で

すよね(笑)。

そういう意味では、若いうちの失敗は、買

いたくはないかもしれませんが、買ってでも

することです。

失敗しない方法もあります。それは、なん

にもやらないことです(笑)。しかし、何もや

らなければ確かに失敗はしませんが、人生と

しては失敗です。なぜなら、それ以上成長し

ないからです。 失敗は、未来につながる。

一歩前進です。「0(ゼロ)」から「1」にな

ったのです。一番大変なのは、この「0(ゼロ

)から1になる」こと。「1」から「2」、

「2」から「3」は、誰でもできる。一番大

変な「0(ゼロ)から1」は、「誰かがやって

うまく行っていること」を、そのまま真似を

すればいい。それが、未来につながるのです。

以前にも書いたことが有りますが、物事が

うまくいく確率と、うまくいかない確率は、

50%です(1回目)。この50%がまた、2

5%と25%になり(2回目)、次は25%の

半分で13%と12%(4回目)になる。その

半分が6%と6%(4回目)、3%と3%(5

回目)、2%と1%(6回目)・・と、6回目

は、99%の確率でうまくいく(成功する)

のです。物事を突き詰めて考えている人の

場合は・・・。

ところが、「なぜダメだったか」「なぜ

売れなかったか」ということを、皆考えない。

「ライバル会社から奪って、新規の契約がと

れた」から「うれしかった」で終わってしま

っている。私なら「なぜ、私どもに変えて下

さったのですか?」とお客様にお聞きします。

「営業の私が熱心だったから・・」という点

と、「ライバル会社の担当者がいい加減だっ

たから・・」という、二つの局面があります。

勿論、「商品が良かった」ということもあり

ますが、その点をお聞きしなければ、意味が

ありません。【重要成功要因】を聞き出せた

人と、たまたま運悪良く契約できた人とでは、

その差は大きいのです。お客様を何軒か訪問

し、ここは確率が高い、ここは低いなどと思

ったら、高いほうに行かなければいけません。

時間は限られているのですから。

失敗を未来につなげる人と、つなげない人

では、大きく違います。「契約がとれた」~

「うれしい」では、役に立ちません。

自分の未来につながっていないのですから。

では、また。・・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・・「 スケジュール」
先に決めた人がすべてに優先する。変わらな
いものを先に決める。とりあえずでもよい。
雑務・予備の時間をとる。準備の時間がどう
しても抜ける。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ