明確な目標

2016.4.18(月)本日は「職場の教養」

4月号より17日(日)分の記事を紹介します。

タイトル : 初賜杯

======= ここから =======

今年の大相撲初場所は、大関・琴奨菊関が

持ち前のパワーを発揮して、賜杯を手にしま

した。日本出身力士としては、実に十年ぶり

の優勝でした。

o0450032420160124at39_p

平成二十三年に大関昇進後は、左靭帯損傷、

右大胸筋断裂などの影響で力を発揮できず、

在位二十六場所のうち、五度の角番を経験し

ました。〈もう限界かな〉と、引退が頭をよ

ぎったこともあったといいます。

しかし、「怪我は稽古で直せ」という教え

を受けて、日々の鍛練で、負傷箇所の周りの

筋肉を鍛えました。また、新たなトレーニン

グを導入し、体幹や下半身の強化など、真面

目にコツコツと稽古を重ねたことが実を結ん

だのです。

初場所で周囲からたくさんの祝福を受け、

優勝すると世界が変わることを実感し、次な

る目標に向かって挑んでいくと決意していま

す。

一つの目標を達成すると、誰でも自信が湧

いてくるものです。その自身により、次の目

標を更に高めて、それに向かっていくことが

できます。

この達成感の連続でチャンスを広げ、人は

大きく成長していくのです。

======= ここまで =======

今期の我社の経営計画書の一番目の項目

『経営計画発表にあたって』の冒頭に、私は

こう記しました。【この経営計画書は、社長

が我社の最高責任者として、家族の期待と責

任を一身に背負って仕事をしている社員が、

安定した生活を築く為、そして、お客様から

愛される会社を実現する為に、数字による目

標を基盤として、我社をこうするという方針

と意図を明確にし、目標を達成する為に何を

しなければならないか、又、何をしてはいけ

ないかを、熱い想いを心に込めて書き上げた

ものです。】

また、社員に関する方針の5番目には、次

のように記しました。【人生の目標を持つ。

人生の目標を明確にすることで、夢が現実に

近づきます。又、夢を実現する為の方法も分

かってきます。】

目標とは常に具体的でなければいけません。

具体的であればあるほど良い。例えばダイエ

ットを目標とする場合、「今年は頑張ってダ

イエットしよう」ではダメ。恐らく3日と続

かないことでしょう。この場合なら、「5ヶ

月間で18kg体重を絞ろう」というような目

標でなければいけません。なぜなら、前者の

場合、具体的にどう頑張ればよいかが不明な

ので、なんとなく体を動かしてみようかな。

とか、少し食事制限をしてみようかな。等と

曖昧な方法でスタートしてしまいます。対

して後者ならば、到着点と期日が数字により

明確になってますので、方法も、1日の摂取

カロリーを〇〇迄に抑える。とか、1日に

1時間の歩行運動をする。というように明確

に計画が立てられます。目標と方法が明確に

出来れば、後は実践するだけです。そして実

践した結果を検証し、期日に間に合いそうに

無ければ、方法の数値を変更していけば良い。

仕事も同じです。明確な目標を立て、達成

の為の方針を計画し、具体的な方法を策定し、

実践する。そして結果を検証し、改善が必要

なら行ってまた実践する。このサイクルを回

していくことで、達成に近づいていくのです。

さあ、先ずは明確な目標を立てましょう。

では、また。・・・・

====================
本日の言葉の定義・・・・「 成功体験 」
過去に満足した途端に遅れをとってしまう。
変化の激しい時代は判断を間違う。進むべき
道を教えてくれるのはお客様の声です。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ