商売を成功させる最大の秘訣

2016.5.7(土) 商売を成功させる

ための最大の秘訣は、よそにはない「売り」

があること、よそとは違っていることです。

商品でもサービスでも、よそにはないものを

提供しなくてはなりません。

m_E5A4A7E6A0B9E38080100E58686

ほとんどの会社はただ漫然と、よそと同じ

ようなものを、特に顧客からは同じとしか見

えないモノを売っています。

よそとの違いがなければ、単に店頭に並べ

た大根を売っているのとなんら変わりません。

よそにない売り(サービス)をつくるとは、

「仕組みづくり」です。すぐに真似されるよ

うなものであっては、お客様が「なぜ我々か

ら買わなければならないか」という問いかけ

に対し、強烈なインパクトを与えることがで

きないからです。

新規開拓において、見込み客が我々の商品

(サービス)と、現在取引している競合他社

の商品との間には、どんな違いがあるのか。

多くは何も変わらないはずです。

これではお客様が、あえて我々の会社に取

引変更をする理由は有りません。我々に「売

り」がないから、いつもの得意の「熱意と根

性」営業に走り出す。我々は自分で思ってい

る以上にありふれているということです。

 

自分に問い掛けてみるべきです。

お客様から 『あなたでなければ』 と言って
頂くには?・・・・・

 

大きく増収している営業会社に共通していえ

ることは、他と違う「売り」があること。

これこそ事業を成功させる最大の秘訣です。

他との違いを開発するには、自分には何がで

きるのか? 自分だけでできなければ誰とど

のように協業(コラボ)すればいいのか?

しかし、さほど難しく考える必要はありま

せん。分からなければ、分かる人に聞けばい

いのです。では、誰が分かる人なのか。それ

はお客様自身です。よく「自分のことは自分

が一番分かっている」という台詞を聞くでし

ょう。お客様のことはお客様自身が一番よく

分かっていらっしゃいます。

我々をビジネスドクター(法人向け)(個

人向け)と例えるなら、患者さん(お客様)

を往診(訪問)し、これらの答えを患者さん

(お客様)自身から聞き出すことから始めれ

ばいいのです。

では、本日も頑張って往診(訪問)しましょう。

 

PS .土曜日のブログアップは、本日をもって

終了させて頂きます。来週からは、(月)~

(金)の弊社営業日のみのアップとなります。

あしからず・・・

====================
本日の言葉の定義・・・・「 整頓 」
必要な物を必要な時に、すぐ使える状態に保
つことであり、そのために置き場所を決め、
数量を明示し、管理責任者を決めることです
。そして、使ったあとは必ずもとに戻すこと
です。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ