差別化の為のちょっとした工夫

2016.5.9(月) 前回お伝えしました通り、

今週より、(月)~(金)の弊社営業日のみの

アップとさせて頂きます。何卒、御了承の程、

宜しくお願い致します。

 

では、本日はここからです。 多くの営業

会社は、他社と同様のサービスしか思いつき

ません。

at0730010

これでは、周囲に埋没してしまい、差別化

どころではありません。お客様は基本的に

疑問を抱いています。

 

この会社(人)と取引すべき理由は何か?
この会社(人)がよそと何か違うのか?

「口ではあのように言っているけど、この
会社(人)に取引を切り替えることで、前
の会社より対応が悪くならないだろうか」、
「そんなリスクを考えるなら、今迄のところ
でそのまま続けた方が気が楽だ」。

 

お客様は頭の中で、こんな風に値踏みを

しています。そして結果的に、「どこも同じ

だろう」と考えるのです。でもこのことは、

お客様の言ってることが正解です。感心も感

動もさせられない会社なんて、どこも大差は

ありません。同じ様なものなのです。

だからと言って何も難しく考える必要はあ

りません。差別化をするのにお金など掛かり

ませんし、方法はいくらでもあります。要は、

他社(他人)がやらないことをやればいいの

です。

例えば「名刺」・・表面に社名、役職名、

名前、会社住所や電話番号等をごく普通に

記載しているだけの名刺ならば、よそと同じ

です。何らお客様の気を引くポイントはあり

ません。しかし、電話番号を特別大きな文字

で記載しておけば、それだけで電話してみよ

うとする行動を後押しすることが出来ますし、

裏面を活用してお客様が欲しているであろう

と思われる自社情報を記載したり、名前だけ

でなく顔写真や似顔絵イラストを付けて、印

象深く残る工夫をしてみたり・・・etc

たった名刺1枚でもこれ位の工夫が出来ます。

他にも、会社案内や挨拶状・お礼状等、日常

的な事柄もちょっとした工夫と、よそがやら

ないちょっとした手間をかけるだけで、効果的

な差別化を図ることが可能です。

他社(他人)と徹底的に差別化していくには

商品ありきの提案だけに固執するのは上手くあ

りません。勿論、何処にも真似の出来ない商品

を提供し続けることが出来ればそれに越した事

はありませんが、それは極めて困難と言わざる

を得ません。

だからこそ、上記のようなどこでもどの会社

でもやっている(使っている)ことで、どこも

あまりやっていない工夫や一手間をつければ、

ライバルに一歩先んじることが出来、それは自

社(自分)にとって、大きなアドバンテージと

なるでしょう。

では、また。・・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・・・「 税務調査 」
タダで節税の方法を教えてくれるコンサルタ
ントです。自社の内部監査としてとらえる。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ