社員の満足度のアップ

2016.5.25(水)

今も昔も、社員の一番の関心ごとはやはり

給与です。不況になって久しいので、私共の

ような零細企業ではここ数年は昇給をストップ

している会社も少なく有りません。

24給与システム価640

私の周りでも、「売上が上がらないと昇給

は難しい、だから頑張って売れ」などと本気

で檄を飛ばしている社長さんが居られます。

しかし、これは大きな間違いです。仮に、

こういったやり方で売上が上がったとしても、

それはほんの一時の事であり、決して長続き

はしません。

何故なら、恒常的に売上を伸ばす為には、

どうしてもお客様満足度を向上させる必要が

あるからです。上記の様なやり方で売上が上

がっても、それは自社の社員がゴリ押しで売

りつけただけに過ぎず、お客様自身が能動的

に買い入れた訳ではないので、継続的な売上

には絶対になりません。それどころか、返っ

てお客様が離れてしまうことになりかねず、

ますます苦境に追いやられる結果となるで

しょう。

お客様満足度を高めるためには、ご要望に

最大限応じる。安心を提供する。お困り事を

解決してさしあげる。等を行い、自社のファン

になって頂く事です。そしてその仕事は自社

の社員の働きによるものだという事実をきちん

と認識していれば、決して上記のような方策

は採れないはずです。

 

どうしてか?

 

それは、自分に置き換えて考えればよく分

かるはずです。自分の勤めている会社が明日

にも倒産しそうで、給料は据え置き(もっと

ひどい場合は遅延続き)のまま、将来の見通

しは真っ暗・・・、というような状況の中で、

はたしてお客様のために努力をする気分にな

れるでしょうか? なれないですよね。本当に

お客様満足度を高めたいなら、先ずは自社の

社員の満足度のアップが必須です。

我社では社員満足度を高めるために、様々な

方策を採っています。飲み会・懇親会等を始め、

各種イベント。社内の風通しを良くするための

様々な仕組み。社員の挙げた成果は厳正に評価

し、相応の賞与で報いる方針。・・・etc

正しく努力し、結果を出したならばきちんと

報われる。この会社で頑張れば明るい人生設計

が出来る。そう思えなければ人は努力できない

のです。逆に言えば、そう思わせることが出来、

正しい方向と方法を示してやることが出来れば、

放っておいても業績は向上します。

人の感情を無視して経営の舵取りは不可能。

傲慢な経営は遠からず破綻します。経営者である

社長の仕事は会社を永続させることです。

このことをしっかりと胸に刻んで、これからも

やっていこうと思います。

では、また。・・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・・・・「 宣伝 」
どんなによい商品でも、すばらしいサービス
でも、お客様が知らなければ売上や利益につ
ながらない。広く長く知名度を上げることが
大切です。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ