「効率良い」が全てでない

2016.6.3(金)

「効率の良いことがベストだ」私は、今の

世の中が、そんな間違った思想に犯されて

いるように感じています。

30b39229df0d54bcb092584e6ebf9af3986ad77b.12.1.12.2

効率を良くすれば儲かり、成功し、事業が

軌道に乗ると思っている方のなんと多い事か。

この様な考え方は、裏を返せば「商売に失敗

するのは効率が悪いからだ」という考え方に

なりますが、果たしてそうでしょうか。

商売には向き不向きが有りますし、人それ

ぞれに得意分野もあるでしょう。その意味では、

商売を選ぶ段階である程度決まっている部分が

あると思います。もちろんビジネスですから、

戦略だ、マーケティングだという要素が絡む

のは仕方ないですが、いくら効率を重視しても

改善しきれない部分が必ずあるはずです。

それは、経営者とビジネスのマッチング

だったりするわけです。

とは言っても、現実に事業を営んでいる人に

「あなたは向いてないから、辞めた方がいい」

なんて言えません。しかし実際は、どこか

本質的にダメなところが有るのに、経営者は

それに気付かず、効率面ばかりを見ている

ケースがとても多いのです。

ビジネスの世界を「競争」と捉えれば、

そのような現実が見えていない経営者が多い

ということは、ライバルにとってとても助かる

ことになります。さらに極端に、ビジネスを

博打と考えれば、「ここは当然、こうする

べきだろう」という場面で、違う手を打つ

ような経営者は、他の博打打ちを儲けさせる

ことになります。

私の営んでいる会社は印刷業ですが、はっ

きり言って効率面から見ればかなり低い事業

です。しかし、「効率が悪いから」と諦め

たりせず、効率の悪いところで稼ぐ方法を

考え出し、事業を安定化させていく。これが

経営というものだと私は思います。

効率の良い事が正しいことだと信じ、無批判

でその方向に進んでいる人達は、ちょっと

立ち止まって考える必要があると思います。

私は自社の中にかなり効率の悪い部分を

残しています。その効率の悪い部分は長い目

で見ると、ライバルとの差別化を図るための

強みとなっています。そしてそれは毎日

積上げることで無意識の内に少しづつ身に

つくものですから、強いリスクヘッジにも

なっています。

私の基本的な考え方は、お客様と接する

部分は、効率悪く(アナログ的に泥臭く)、

そうでない部分は徹底的に効率化を図る。

です。

効率化の盲信は危険だと考えます。

では、また。・・・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・・・「 増強 」
お客様との接点を増やすことです。セールス
マンを増員するのが一番です。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ