狭く、しかし深く

2016.6.23(木)

昨日の話の中で「自社が勝ち残るためには、

常に変化していかなくてはならない」と、

書かせて頂きました。しかし、【変化=サー

ビスの拡大】と単純に考えるのは危険です。

特に我々のような零細や中小の会社では、

【変化=サービスの拡大】という考えは間違

っている場合がほとんどです。

si-SBLTE-01

サービスの拡大は「自社の負担が増える」

ことに等しく、それは資金的・人員的に余裕

のない中小・零細には、時として致命傷と

なるものだからです。

例えば、これまで地元のお客様を相手に

こじんまりとビジネスをしていたところに、

ある日突然ライバルが出店したとします。

価格を下げて対抗するも、ライバルはさらに

値下げ攻勢をかけてくる。当然、こちらも

原価すれすれまで下げざるを得ない。そう

こうしているうちに弱い会社は資金が尽きて

倒産してしまう。・・・・・よくある話ですが、

こういう不毛な消耗戦だけは絶対に避けねば

なりません。

大切なのは、拡大したサービスが本当に

お客様に求められているかどうかです。頭で

考えた「いいサービス」と、お客様にとっての

「理想的なサービス」とがずれていることは

普通にあります。それではせっかく拡大した

新サービスも、かえってお荷物になり兼ねません。

こういう事態を避けるためには、「こうして

みると良さそうだ」と思ったことは即座に実行し、

その結果として現れる売上や利益を数字で見て、

施策が正しかったかの検証をすることえす。

検証の結果が「是」ならそのまま続行、「非」

ならこれも即座に改める。この繰り返しで自社の

営業は強くなっていきます。

自社が提供しているサービスで、お客様の

需要が高いのはなにかを見極め、そこに人・物・

金の経営資源を集中させる。そしてそのサービス

に磨きをかける。その他のサービスは縮小するか、

あるいは潔く切り捨てる。「狭く、しかし深く」。

つまりは深化という形の進化です。

先に即座という言葉を何度か使いましたが、

大切なのはこの「狭く、しかし深く」をスピード

で最優先でやることです。それが会社の営業力を

強化します。中小・零細企業にとって、大企業

にも勝る最大の武器は意思決定が早いこと、

すなわちスピードです。

「狭く、しかし深く」は、特に中小・零細企業

の営業戦略において真価を発揮します。体力に

劣る小規模会社が大手ライバル会社と戦うには、

必然的に分野を選択し、そこに総力を集中させる

しかないのです。

では、また。・・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・・・・「 体験 」
実行して得た知識です。体験したことをどう
自分のノウハウに変えたかが大切です。頭の
中で理解できていると思っても、そのイメー
ジは正しくないことが多い。だから、体で
タッチする。五官で感じて、正しいイメージ
にする。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ