枚岡神社

2013.10.15(火)

お早う御座います。 前回、私の地元
枚岡神社の秋祭りについて触れさせて
頂きました。本日は、秋祭り本宮に付、
枚岡神社について少しご紹介を・・・

 

(大きな神社では有りませんが、雰囲気のある
良い神社だと個人的には思います。)

由緒・・・・・

枚岡神社は、永く神津嶽にお祀りされましたが、
孝徳天皇の白雉元年(はくちがんねん)(650年)9月16日に、
平岡連らにより山麓の現地へ奉遷されたと伝えられています。
神護景雲(じんごけいうん)2年(768年)に、天児屋根命・
比売御神の二神が春日山本宮の峰に影向せられ、
春日神社に祀られました。このことからこの社が
「元春日(もとかすが)」とよばれる由縁であります。

その後、宝亀(ほうき)9年(778年)春日神社より、
武甕槌命・斎主命の二神を春日神社より迎え配祀し
四殿となりました。 大同元年(806年)には
60戸の封戸を充てられ、貞観元年(856年)
天児屋根命の神階は正一位の極位を授かり、
延喜式神名帳では名神大社に列せられました。
その後勅使参向のもとお祭りが行われ、又随時、
祈雨、祈病平癒の奉幣に預かる等優遇を受け、
寛治5年に堀河天皇が参拝されるなど、
勅旨により創始されたことにより朝廷から特別な
尊崇をうけたことがうかがわれます。

社格・・・・

旧官幣大社 明治4年5月14日官幣大社に列せられる。
この時同時に官幣大社に列せられた神社は、
当時数十万社の神社中、全国を通じて
29社に過ぎませんでした。

延喜の制 延喜式神名帳
「枚岡神社四座並明神大月次・相嘗・新嘗」
と記されています。中世、「一の宮制度」の成立と共に、
河内国一之宮と崇められました。

と、結構格式の高い神社であります。
本日は「秋郷祭本宮」です。時間の許される方は
是非、足を運んでみて下さい。
では、また。・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ