環境整備

2013.10.16(水)

我が社の環境整備は毎朝、朝礼終了後
30分間、全社員で行います。

清掃

社内は1日や2日で目立って汚れはしません。
なので、全社員を毎朝環境整備に30分も
駆り出すのは不経済だ! と、環境整備の話し
をした時に、よく意見を頂戴いたします。
3年前なら、私も同じ様に考えていたかも
知れませんが、勉強させて頂いた今現在は
全く違った考えを持っています。 それは・・・

「毎朝、強制的に環境整備をさせる事、
(全員一丸となって取り組んで頂く事)
こそが大切なのである。」 と考えます。

なぜなら、環境整備は組織の一員として
必要な『心』を作るからです。

人間の心は移ろいやすく脆いものですが、
毎日環境整備に精を出すからこそ心も
安定し、組織としての一体感を維持出来る
と、私は考えます。

環境整備は我社の文化です。ものをピカピカ
にする事によって心もピカピカにする。
掃除を通じて、職場で働く人の心を通わせ、
仕事のやり方・進め方に気付く場。
それが環境整備なのです。

また、掃除をすれば手が汚れます。
手が汚れれば誰でも手を洗います。
そして手の汚れと一緒に、心の汚れも
洗い流すのです。掃除をする事により
汚かったところが綺麗になり、
ひいては心も磨かれます。

すなわち、掃除をする事により、
人は企業人として鍛えられ、組織が
纏まるのです。

本日は久しぶりに環境整備に
触れました。これからも宜しく
お願いします。 では、また。・・・

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ