社員教育

2016.7.21(木)

会社にとって、大事なものはたくさんあり

ますが、その中で最も大事なものは何か。

と問われれば、それは間違いなく社員です。

しかし、皆さんの会社の発展のために、

最も障害となっているものは何か。と問われた

場合の答えも、残念ながら社員であることが

多いのも事実です。ですから、皆さんが最も

力を入れるべき事柄は、社員教育なのです。

P1020365

社員の誰かが、何らかの理由で会社に不利益

をもたらしたら、その社員は会社にとって綻び

です。そしてその綻びは、放っておくと周囲に

波及し、初めはほんの小さな綻びであったもの

が、やがて皆さんの会社を破滅へと導く結果に

つながりかねないのです。

勿論、社員も人間であり、人間ゆえの脆さを

持っています。間違いは誰にでもあり、それは

綻びではありません。その間違いから学び、

より良い仕事が出来る様になれば、まさに理想

の社員です。

仕事がこなせない社員がいれば、その理由を

確かめ、本人を諭す。言われた社員はうなづき、

改善を約束する。ところが問題はまた起きる。

その社員が改善しないのです。・・・

同じ間違いを繰り返し、同じ不快な態度を

とりつづけ、お客様の前でも同じやる気の無さ

を見せる。こうなっては上司がどれほど心を

痛めようと、問題の再発を防ぐ方法は只一つ、

当の社員を解雇する以外にありません。

ミスを犯した社員をかたっぱしから解雇

しなさい。と言うのではありません。そんな

ことをすれば皆さんの方こそ真っ先に辞め

なくてはならなくなります。とはいえ、

近頃では社員の失敗をさほど咎めない風潮が

あり、私は少々懸念を持っています。

別に残酷になりなさい。社員を人間扱い

するな。等と主張している訳ではありません。

ただ、ビジネスを成功に導くため、全社員

一丸となって懸命に力を尽くしてもらいたい

と考えているなら、下手な仕事をいつまでも

続けられては困るはずだと思うのです。

背景にある事情は考えなくてもいいです。

少なくとも一人の顧客が離れ、恐らくは

それ以上に大勢のお客様を怒らせていると

いうのに、その原因を作っている社員が

たいした咎めも受けずにいることは、間違

っていると思うのです。

社員教育など決して目新しいことでは

ありません。商売というものが始まった

遠い昔より行われてきたことです。

しかし、社員の研修に際して、今では時代

遅れとなりつつある方針・・礼儀正しく、

親切な態度で、笑顔を忘れずに、etc・・・

これらを掲げることは、残念ながら、今

この時代では革新的であるとさえいえます。

時の移り変わりと共に、業務も多様化し、

身に付けなければならないスキルや技術も

多くなりました。勿論それらを習得する事

も大事ではありますが、いつの世も一番大切

なことは、人としてあるべき、基本的な態度

であると私は思います。

この基本的な態度をいつまでも、繰り返し

教育し続けようと思う今日この頃です。

では、また。・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・・「 ダメ上司 」
自分に甘く、他人に厳しい人。最悪なのが、
自分に甘く、他人にも甘い人。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ