部下の満足度に敏感に・・

2016.7.25(月)

部下の不満要素は多々あります。給料が安い。

仕事がきつい。やりがいが感じられない、云々。

管理職はこうした不満に対して、決して鈍感

であってはいけません。何故なら、部下が

現在の職環境に満足していなければ、まして

お客様満足度向上のための努力などできる

はずもないからです。
2

部下は不満が頂点に達したところで辞表を

叩きつけてくるわけですが、給料が安い・

仕事がきついという理由「だけ」で会社を

辞める人は、実はさほど多くはないのです。

むしろ「社内の風通しが悪い」とか「人間

関係がぎくしゃくしている」とかいった、

いわばコミュニケーション不全に由来する

退職のほうがずっと多いです。

皆さんも管理職なら、いつも部下のことに

心を砕いていることでしょう。折りに触れて

仕事上のアドバイスを与えたり、時には

酒など飲ませてやったりして、彼らの成長を

うながそうとしていることでしょう。

しかし皆さんはある日、ふと気づくのです。

「どうも自分は部下からはあまり尊敬されて

いないようだ。いつもこんなに目をかけて

やっているのに」と・・・。

しかし、これは部下が恩知らずなのでは

ありません。部下が恩義を「感じるように」

振る舞わない皆さんが悪いのです。

気持ちとか思いとかいった目に見えない

ものは、黙っていては決して相手には伝わり

ません。ここを理解していない管理職はとても

多く、だからいつも「こんなに目をかけ、

成長を促そうと心を砕いているのに、どうして

部下は応えてくれないのだろう」なんて

ボヤいているのです。

部下に「察し」とか「惻隠の情」とかいった

ものを期待しているならば、それは少々甘いと

言わざるを得ません。そういうことができない

からこそ、彼らは一般社員の座に甘んじている。

皆さんは常に部下のことを気にかけ、目を配っ

ている。私はそれをいささかも疑うものでは

ありません。であれば、それはきちんとした形

にして見せるべきです。そうでないと部下は

永遠に皆さんの心には気づかないままです。

 

ではどのようにして皆さんの「心」を「形」

にすればいいのか。

 

たとえば、部下のお客様訪問に同行すること

です。これは確かに「私はきみのことを気に

している、目にかけている」という気持ちの

具現化です。今、皆さんは当然これをやって

みようと決心されていると考えますが、さて、

問題はどのように形にするかです。

もちろん「同行する」は、前述のとおり

ひとつの形ではあるのですが、それだけでは

まだ不十分です。皆さんは「ちょっと手が空

いたときに」「ついでの用事がある場合に」

で同行しようと考えてはいませんか。

それではいけません。「抜き打ち同行」に

なってしまうことはまずいのです。それでは

部下にとって大きな心理的負担になります。

皆さんが良かれと思っていても、当人は

「仕事のあら探しをされるのでは」と疑心暗鬼

になってしまいます。

さらにいけないのは「〇〇さんは贔屓

されている」「〇〇さんだけ目をかけて

もらっている」と、部門内に不公平感が漂う

ことです。同行した部下には疎ましがられ、

他の部下からは嫉ましがられでは、文字通りの

踏んだり蹴ったりです。それでは尊敬など到底

おぼつきません。これを避ける方法はたった

ひとつです。事前にきちんと同行予定を組み、

なおかつそれを部下全員に公開することです。

一番いいのはアナログ的に、すなわち模造紙

などに書いて壁に貼っておくことです。

こうすることで「満遍なく部下のお客様訪問

に同行し、しかるべき指導をしている」という

皆様の心が「形」になります。すると、部門内

の不公平感が消えるのはもちろんですが、

なにより素晴らしいのは部下が頑張るように

なることです。

「〇日に上司がお客様訪問に同行する」

ということが事前にわかっていれば、彼らは

皆さんの前でいいところを見せようとして

根回しをしたり、お客様サービスに力を入れ

たりするからです。皆さんはそれを認めたら、

もちろん「誉める」という具体的な形を部下に

示さなくてはいけません。

では、また。・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・・・「 単純 」
最高の知性です。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ