自分で自分を管理する

2016.8.17(水)

社長を管理する人はいません。だから、

社長は自己管理するほかありません。

社長は社内では絶対的権力者ですから、

その気になれば意のままに動けます。

bd9d637254e1492560a55e2ac62605c4

しかし、意のままに行動し、我儘を通せば、

やがて社員は社長のことを批判的に眺める

ようになります。

例えば、日頃どんなに立派なことを言って

いても、実際の行動と矛盾があれば社員は

敏感に感じ取るからです。社長は絶えず社員

から批判される立場に立たされていることを

肝に銘じておく必要があります。

そして、社員の批判の眼は、いろいろな面で

マイナス要素となって企業を蝕んでいくので、

放っては置けません。

又、社長は、言動に一貫性をもたせなければ

なりません。自らの姿勢と行動を、自ら律する

ほかないのです。

では、具体的にどのように管理すればよいか。

先ず、社用と私用は明確に区別すること。

例えば、社員に私用を頼まない。また、会社の

費用とプライベートな費用、の区分を明確認する。

さらには、勤務時間中に私用は避ける。等です。

中小企業の場合、実際問題として公私の区分が

しにくい部分もありますが、社員には公私混同を

禁止しているのですから、

社員自身もケジメをつけるべきです。

そのためにも、自分自身のスケジュール管理

徹底することです。スケジュールは手帳に記入し、

きちんと管理するように習慣づける。あるいは

秘書的な立場の人を置いておき、自分自身を

規制していくことが大切です。

自己管理をする前提は、社長自身が何を

すべきか、そのテーマを持ち、それをきちんと

スケジュール化して、消化していく事でしょう。

そのためには、社長の役割とその立場を絶えず

社員に認識させておくことも大切です。

例えば、よく見受けられる例ですが、もともと

口数の少ない人なのか、それとも、面倒臭いのか

分りませんが、出かけるとき、社員に行き先を

告げずに黙って出かけてしまう社長がいます。

これは、「社員に仕事をさせておいて、社長は

一体どこで遊んでるんだ」と社員の志気にも

影響します。

出掛けるときは、必ず、行き先と用件を

告げて、出かける事を心掛けましょう。

「〇〇社に打ち合わせに行ってくる」

「〇〇印刷の社長に会ってくる」

のひと言で、社長の役割とその立場を社員は

認識するのです。

社員は絶えず社長の行動を見ながら、自分達

の行動に反映させています。だから社員の手前、

社長自身が、難しい自己管理をきちんとやって、

その見本を見せることが大事なのです。

では、また。・・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・・・「 中途半端 」
逃げ道を用意して臨むからです。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ