理想の上司

2016.8.31(水)

上司とは、部下に比べ、より長い経験・

より大きな権限・より多くの実績を持った

社員に与えられる肩書のことを指します。

danshinri

多くの上司は、会社に長い期間在籍し、

経験に裏付けられたノウハウを使って、

より広い範囲の仕事をこなし、部門の中心、

あるいは会社の中枢で辣腕を振るっている

ことでしょう。

ここで問題になるのは、「部下」の存在です。

上司と呼ばれる以上、当然その下には「部下」

が存在します。部下がいなかった若手時代は、

自分に与えられた仕事や役割をしっかりと

こなしていれば、会社や上司から、実績として

能力を評価されました。

しかし上司になると、自分の仕事をただこなす

だけでは役割を果たしているとはみなされません。

自分がどんなに仕事を処理していても、その下に

いる部下たちがついてこなければ、成果が正当に

評価されないばかりか、かえってマイナス評価を

される可能性もあります。

上司に課せられた役割は、部下の能力を引き

上げて組織全体の成長を促すことであり、会社や

部下が期待する最大のポイントなのです。

上司としての役割を果たすためには、自らを

律して人間力を高め、部下とのコミュニケーション

を密にとり、部下の性格や能力を把握することが

必要不可欠。そうして初めて多くの部下に認められ、

お互いに強い信頼関係を築くことができるのです。

組織が大きく成長するためには、上司と部下が

お互いの能力や性格などを認め合うことが大切です。

理想の上司がいるというだけで、部下は「いつか

上司のようになりたい」という強い決意のもと、

能力以上の力を発揮するようになるのです。

では、また。・・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・・・・「 伝える 」
同じことを6回繰り返して初めて、全体の
60%の意思や情報が伝わる。
====================

 

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ