時間に仕事を割り振る

2013.10.23(水)

本日は、私が敬愛する小山さんの著書から
ある記事を紹介します。

===ここから===

時間の使い方の下手な人にはある共通点が
あります。「先の予定を組まない」「先の
見通しを立てずに、成り行き任せで行動する」
この様な人は、『時間を自分の意思で
コントロールしよう』という意識が希薄です。
だから、突発的な出来事があると、とたんに
それに振り回されてしまう。

この様な人は、仕事に時間を割り振ります。
「この仕事を終わらせるには3時間かかる」
とか、「この仕事には3日かかる」と、
仕事の量や難しさに応じて所要時間の予測を
立てる。もしくは、全く見通しを立てずに、
自然に任せて、仕事が終わるまでやります。
こういう人が多いです。

みんな仕事を始める時間は決める。
でも終わりの時間は決めない。その仕事が
終わるまで、成り行きに任せている。
思い当たる節のある人は、まずは時間に
関する考え方を根本から変えて下さい。

時間は自分の意思でコントロール出来るものです。
これからは仕事に時間を割り振るのでは無く、
逆に時間に仕事を割り振るようにして下さい。
つまり、「この仕事は1時間でやる」と決めたら
1時間後には多少強引にでも終わらせる。

そんなことは無理だと思うでしょうが、その気に
なれば誰でも出来る事です。・・・以下省略・・・

プレジデント社
小山 昇 著
「絶対に会社を潰さない社長の時間術」 より

===ここまで===

私も早速実践しようと思います。
御興味のある方は是非、御一読を・・・

では、また。

サブコンテンツ

このページの先頭へ