「もったいない」の無駄

2016.9.14(水)

会社で新しくパソコンを購入するとします。

まとめて購入するので結構な台数になります。

1.最新モデルで揃える。 2.少し古い型落ち

のモデルを安く購入する。 さて、皆さんなら

どうされますか?

00-top

最新モデルを購入する場合、新製品ですから

割引などは、ほとんど期待できません。かなりの

金額を投資することになります。一方、型落ちの

モデルは安価で購入できますし、割引率も高い

でしょう。

一見すると、型落ちのモデルを購入し、長く

使ったほうが得で、最新モデルを購入するのは

もったいないように思われるかも知れません

(確かに金銭面だけを見るとそうです)が、

最新モデルは、旧モデルと比較して処理能力が

格段に速く、容量も数倍に増えています。

通信速度も段違いです。出先に居ても、会社の

デスクに居るのと何ら遜色のない仕事ができます。

値段以上にプラスの恩恵を受けるのを感じられる

はずです。

パソコンは日々の業務に使うものですが、

頻繁に壊れるものではありません。ひと昔どこ

ろか、ふた昔前の機種を使い続けている会社も

あります。たしかに、メールやビジネス文書の

作成程度なら旧モデルでも十分です。けれど、

処理速度が遅い為に、データの排出やプリント

アウトに時間がかかることがあります。

仮に、書類をプリントアウトするのに、

「書類1部に付、1分」余計に時間がかかると

したら、10部で10分、20部で20分、

100部だと1時間40分も無駄は時間を

過ごしていることになります。

重い、遅いパソコン相手に過ごす時間の無駄

こそ、私はもったいないと思います。目先の

出費を抑えるために、本業がストレスにさら

されるのは、本末転倒もいいところです。

もちろん、それぞれの会社によって、それら

(パソコン)の使い方や頻度もまちまちでしょう

から、一概にどの場合でも最新モデルを購入する

ほうが得だとは言いませんが、一般的には、

最新モデルを購入するほうが良いと、私は

考えます。

会社で何かに投資する場合、目先の利益より、

未来の利益の最大化をこそ、一番に優先する

べきだと思います。

では、また。・・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・・・「 定番商品 」
お客様はいつでもあるものと思って発注して
くる。品切れは厳禁です。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ