目標は明確に

2016.9.20(火)

本日は「職場の教養」9月号より

17日(土)分の記事を紹介します。

タイトル : 向上心

======= ここから =======

「向上心」という言葉があります。「現在

の状態に満足せず、よりすぐれたもの、より

高いものを目指して努力する心」という意味

です。

jump-1209941_960_720

一般的に人は、自己の成長を望み、「昨日

よりも今日、今日よりも明日」と、より良く

なるための努力を積み重ねます。

しかし、向上心が強すぎるあまり、常に現

状に満足できず、たえず不安になってしまう

人もいます。向上心が仇となって、自信喪失、

自己否定と自らを追い込んでしまう人もいる

ようです。

また、より高みを目指す過程で、ライバル

の足を引っ張って自分を高めるようなことが

あっては、本末転倒でしょう。

向上心を持つことは大切ですが、結果だけ

に固執してしまうと、時に「何のための努力

なのか」という本質が見えなくなることが

あります。

日頃から努力の目的と意義を確認しつつ、

心のバランスを図りながら、自己成長につな

げていきたいものです。

======= ここまで =======

向上心、努力、とても大切です。しかし、

上記にあるように、それがために常に不安に

かられ、負のスパイラルに陥ってしまっては

人生を謳歌できません。

私が思うに、不安にかられるのは、自分の

位置がはっきり掴めないせい、つまり、目標

が明確でない為だと思います。

例えば、「もっと大きい人になりたい」、

「仕事のできる人になりたい」というよ

うな目標に向かって頑張ると考えても、何を、

どこまで、どのように、頑張ればいいのか分

りませんし、自分がどれくらい出来ているの

かも分りません。つまり、何もわからない

状態であるにも関わらず、「なりたい」という

思いだけが先行し、どんどん膨れ上がる為に

不安になるのだと思うのです。

これを打破するのは実は簡単なことです。

目標を明確にしてやればいいだけのことです。

例えば、「『ありがとう』をきちんと相手に

伝える人になる」、「お客様への訪問件数を

週に10件増やす」という具体的且つ、努力

すれば出来る範囲の目標に置き換えることです。

目標が具体的になれば行動計画も具体的に

立てることが出来ます。後は計画に沿って

実行するだけです。達成すれば次の目標を、

また具体的に立てればいいし、実行段階で

計画の不備や方向性の不具合が生じれば、

都度修正すればいいのです。

これなら、迷う必要がありませんし、

当然不安も解消されます。

仕事であれ、プライベートであれ、目標は

常に明確にするべしです。

では、また。・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・・・「 哲学 」
物事をどう考えるかということです。しっか
りした考え方をもつことです。どうしたら
お客様に喜んでいただけるかです。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ