自由な発想

2016.10.4(火)

本日は「職場の教養」10月号より

1日(土)分の記事を紹介します。

タイトル : ありがとうボタン

======= ここから =======

東大阪市の中小企業などで構成する「東大阪

ブランド推進機構」が、市内の小学生を対象に

「大切な誰かのために考えた発明品アイデア」

を募集しました。

二百三十五件の応募の中から、優秀作の一つ

に選ばれたのが「ありがとうボタン」です。

同市に住む、小学四年生女子からの応募作品

でした。

thank-you-806978_960_720

アイデアが閃いたのは、母親が運転する車に

乗っている時でした。道を譲ってもらった際に

鳴らすお礼のクラクションの音が大き過ぎたり、

相手に伝わらなかったりと、「ありがとう」を

伝えるのが難しいと感じたことがきっかけでした。

このアイデアは、市内の様々な企業による

プロジェクトチームが、実際のクラクション

にして、発案者の女子に贈呈しました。ボタン

を押すと、ボワ~ンという柔らかい音と共に、

ピンク色のスマイルマークが車の窓ガラスに

光るものです。

東大阪市は町工場が集まる「モノづくりのまち」

です。子供の目線から生まれた思いやりを、

地域の特性を活かして形にするという取り組みは、

これからの企業のあり方としても、大きな

メッセージを発信しているようです。

======= ここまで =======

なんとも小学生の女の子らしい発想です。

しかし、我々大人にも、この様な斬新な発想

を求められるシーンは結構多いと思います。

人は成長するにつれて固定観念が増えて

きます。そして私(48歳)位になると、

ほとんど凝り固まってしまっている人が大半

でしょう。

固定観念はこれまで生きてきた経験から生

まれるものですから、そうなってしまうことは、

とても自然で仕方のないことなのですが、

子供のように自由な発想が出来るように訓練

することは出来ます。

それは、日頃から、どんなことを考える時も、

一つの答えだけで満足するのでなく、様々な

視点から多角的に事象を見つめ直して、その

視点に応じた色々な解答を出すことを心掛ける

ことです。

事象(事実)は一つですが、それを捉える

視点が違えば、受け止める側の見え方、捉え方

は千差万別です。

仕事においても、自社の視点だけで営業は

行えません。様々なお客様の視点に立って考え、

自社の進む方向を決めていかなければ、お客様

に受け入れて頂けないのです。

日頃から訓練を怠らず、多くの視点を持った

人間になりましょう。

では、また。・・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・・・「 手本 」
目標になるものが身近に実在することです。
「あの人だってできたのだから、自分にも
できる」という決意がわいて、自分の夢や
希望がどんどん大きくなります。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ