横並びという考え方

2016.11.1(火)

お昼時になると、同僚と連れ立って食堂や

レストランに入っていくサラリーマンの姿を

よく見かけます。そして、そういった際は、

たいてい皆が定食を選んで同じものを食べて

いることが多いです。

640x640_rect_48861924

これは定食が値段が安いということもあり

ますが、それだけの理由でなく、あれこれと

メニューに迷わなくても短時間に揃って皆が

食事を出来るというメリットがあるからです。

もしも各人がまちまちの料理を注文したら、

店の調理場はてんてこ舞い。当然、それぞれ

の料理が運ばれてくるタイミングがずれて、

長時間の昼食になってしまいます。

多分、注文する側にもこの認識があるから、

横並びで定食を注文するのでしょう。

しかし、「横並びでよし」という発想は、

特定の状況にあってこそ許されるのであって、

特定の状況でもないのに、「多くの人が賛成

しているから、自分も賛成しておこう」と

考えるのは、人生を放棄しているのと同じです。

皆と同じ意見についていくだけなら、楽な

上に安心できるかもしれませんが、自分の意見

を持たないことは寂しいことです。その上、

とくに怖いのは、自分を甘やかして感性

鈍らせることです。

これでは、『いざ』というとき困ります。

人生や仕事には、自分一人で判断しなければ

ならないことが山ほどあるのです。他人の

意見に付き従うことが習慣化してしまえば、

自分の本当の意見を求められたとき、何も

答えられなくなってしまうことでしょう。

自分の明快な意思をしっかり持って、納得

のある社会生活と会社人生を送りたいもの

ですね。

では、また。・・・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・・・・「 泥臭い 」
結局は成果が上がる一番の早道です。足を
使って体をお客様のところに運ぶことです。
回数を積み重ね、手間暇をかけることが大切
です。スマートに勉強会で教えるよりは、
現場に同行させたほうがよい。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ