経営計画書に会社のルールを盛り込む

2016.11.2(水)

会社のルールを考えた時、オーナー社長に

多いのが、「社長(自分)」=「会社のルール」

という考え方です。

dad-5

会社の規模が小さいうちはそれほど問題には

なりませんが、大きくなるにつれて、社員

から「社長の考え方が理解できない」「自分

たちの意見に耳を傾けてくれない」という

不満が噴出します。

社長は常に会社のことを考え、利益を上げ

ようと必死になっています。

一方で、社員も同じように成績を上げようと

努力しています。社長が常に正しいとはかぎら

ないし、現場を知っている社員だからこそ、

わかることもあるでしょう。「会社のトップ=

会社のルール」では、間違いや不利益があっても

それで通ってしまい、取り返しのつかないことが

起こるかもしれません。

こうしたリスクを回避するには、会社のルール

を明文化してわかりやすくすること。その上で、

社長も含め、社員全員がルールに従うと決める

ことです。社長と会社を完全に切り離して

しまうのです。

経営計画書」の良いところは、社長の決定を

速やかに社員に伝えることができる点です。

私から社員に伝えることがあったら、この計画書

を書き替えたり、書き加えたりすればいい。

たとえば、「私のことを理解してくれ」と社員に

強く迫っても、社員は困惑するだけです。それ

よりも、「経営計画書」の中に理解して欲しい

内容を書き加えた」ほうが、伝わりやすい。

経営計画書があることで指揮にブレが出ない

のも助かります。

ただし社長は、社員以上に、このルールに

則っていく覚悟が求められます。中小企業の

場合、従業員との仲間意識を大切にする社長

も居ますが、社長=決定、社員=実施である

ことに変わりありません。どれほど仲が良くても

社長の決定や「経営計画書」の方針に従えない

のであれば、「会社を去って貰う」という決断

を強いられることもあるでしょう。

「経営計画書」は、会社の将来や仕事の

進め方を明文化したものです。「経営計画書」

に会社のルールを盛り込んで、「これを見ると、

会社の全てがわかる」ようにしておけば、社長と、

社員の価値観が揃って、会社の一体感が醸成

されるはずです。

では、また。・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・・・「 鈍感 」
世の中は変わらないと思っている人です。
マイナス情報が入ってきても上司に報告しな
い人のことです。自分たちのレベルで処理を
しようとする人です。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ