モチベーション

2016.11.11(金)

「貴方の売上と利益の目標はいくらですか」

と聞かれて、直ぐに答えられる営業マンは、

意外に少ないです。 目標の数字を把握して

ないのに、成功している営業マンは居ません。

e0001-700x525

仮に、皆さんの会社で営業マンに個人目標を

与えていないのであれば、何かしら数値化した

ものを指標として与える方がよいでしょう。

目標と実績・見込みの数字を個人で把握

出来ていればこそ、自ら率先して先行して手を

打てるし、それに向かって行動できます。

チームや部署単位での目標しかなければ、

「誰かがやってくれるだろう」と他人任せに

なりやすいものです。

ある会社では、数字に対して執着心がない

社員の意識を変えようと、マネージャーが毎日、

彼の日報に個人目標の数字と差額を記載し、

それを続けることにより、結果としてその社員

は自ら数字を記載するようになり、彼の目標に

対する意識が大きく変化したそうです。

口やかましく言うだけでなく、そうした意識

付けについての工夫も必要ですね。

また、新規アポイントの電話を1件かける

だけで、くじけてしまう営業マンも少なくない。

新規開拓に1回訪問しただけで、その後の

フォローをしない人もいます。理由を聞くと、

「お客様に煙たがられた」「全く相手にされ

なかった」という内容が多い。

しかし、このような理由で逃げていては、

当然ながら次のステップ(フォローや提案)

など期待できません。何事も前向きに捉え、

突き進むことが営業マンの基本姿勢です。

その為には、常にプラス発想で考える習慣

を身に付けて頂きたいものです。

 

最後に、上司・先輩が「忙しい」を理由に、

若手を指導することを避けているケースが

少なくないことにも注目したいです。

若手の頃は、様々な上司や先輩と同行し、

それぞれの良い部分を自分に取り入れる

のが自分を成長させる一番早い方法です。

部下に目標数字だけを追わせるのでなく、

目指すべき人を追いかけさせることが重要。

要は競争意識を植え付けるのです。目標を

人に置くことで、営業成績が目覚ましく

向上する例は少なくありません。

このように、部下のモチベーションが低い

のを、ただ嘆いているのではなく、部下が

モチベーションを高く持てる様導いてあげる

ことが上司の仕事なのです。

もし、皆さんの部下にモチベーションの

低い人が居たならば、それは上司である皆さん

自身の問題だと捉え、対策を講じるべきでしょう。

では、また。・・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・・「 何気ない一言 」
上に立つ人ほど重い。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ