師走

2016.12.1(木)

月日の経つのは早いもので、いつの間にか

12月になってしまいました。2016年も

後1ヶ月、2017年を気持ちよく迎える為

にも、この最終月をトラブルや事故等無く、

きちんと締めくくりたいものですね。

9f4cbc86c5827137f856906881db5181

12月は別名「師走(しわす)」と言います。

「師走」とは本来は旧暦12月の別称ですが、

いまでは新暦12月のこととして一般的に

用いられています。

今回は師走の語源を探ってみました。結構、

色々な説があり、私もびっくりしています。

======= ここから =======

1.師走とは、年末で日ごろ落ちついている
学校の先生も忙しくて走りまわる月だと
言うところからきたという説。

2.師走とは「師馳せ月」(しはせづき)で、
昔は、正月も盆と同じように祖先の霊を
弔う月でした。お経をあげるために、
お坊さん(=法師)があちこちの家々を
忙しく走りまわったのが語源だという説。

3.師走とは師団つまり、年末になると兵隊
さんがバタバタ走るという意味とする説。

4.師走とは、1年の終わりの12月は、皆
忙しく、師匠も趨(すい)走するため
「師趨」(しすう)がいつの間にか
「師走」に代わったとする説。

5.師走とは、12月は1年の終わりの月で
あり、総仕舞いの意味の「仕極つ」(し
はつ)が語源とする説。

6.師走とは、もともと「為果つ月」であり、
1年の終わりの物事をなし終えるという
意味だとする説。

7.師走とは「としはつるつき」や「としは
するつき」(これは歳が果てる、年が終る
月という意味)がなまったという説。

8.日時がはつる月だから、「しはつる月」、
それがなまって「しはす月」となった
のであろうという説。

9.江戸・元禄元年の『日本歳時記』という
本には「しわすというは四時の訛音なり。
四極月(しはつづ き)なるべし」とあり
ます。つまり四時(春夏秋冬)が果てる
という意味の「しはつ」が訛って「しわす」
になったとする説。

10.「歳極(トシハス)」の略転、「万事、
為果(シハ)つ月」という説。

11.「十二月(シハス)には 沫雪降ると
知らねかも 梅の花咲く含めらずして」と
万葉集巻第九~一六四八にあり、また、
「十有二月(シハス)」と日本書紀にあり
ます。これからして、万葉・記紀時代には
数字で書いて「シハス」と読み、「師走」
とは表記されておらず、「師走」は後世の
当て字であるとする説。

======= ここまで =======

最後の説が最も有力な様です。因みに、

国語大辞典には、「語源不詳」「師走」は

当て字。 と、記載されています。(ちょっと

ずるいですね。笑)

では、また。・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・・・「 人間性尊重 」
一人一人に責任をもってもらうことです。
ダメあ上司ほどなんでも自分でやる。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ