適材適所

2016.12.9(金)

会社が人の集まりである以上、そこには

様々な資質と個性をもった人が居ます。

これら全ての人をいかに上手に経営理念に

沿って活動させるかは、経営者として常に

模索しておくべき課題です。

f_08524132

野球の監督は、投手なら先発と中継ぎ、

そして押え、打者ならばトップ、クリーン

アップ、そして代打と、それぞれのポジ

ションに応じた選手を使い分けます。

経営も同じ。いかに人材を活かしきるかが

問題になります。

「適材適所」は経営者が常に考えるべき

大きな課題です。

そこで、適材適所を企業と従業員の両側面

から見てみましょう。

まず企業にとっては、各人の能力をフルに

発揮してもらうことが一番です。その為には、

個人個人の資質、能力に合った持ち場で

働いてもらうことが最良の方法であることは

言うまでもありません。

次に従業員自身にとっては、マンネリ化を

防ぎ、常に新しい息吹きを持って仕事をする

為に、適性に合った部署への配置が最も望ま

しいことです。

しかし、従業員にしてみれば、栄転なら

配置換えもよいけれど、左遷同様の異動で

自分の意図しない部署へ配置換えされることで

退職を考える者も居ます。そこで、理屈だけ

ではおさまらない人情をどのように汲み取るか

というのが、適材適所の人事管理の難しさ

でしょう。

とはいえ、経営者たる者、ここで怯んでは

なりません。時には、「辞めたいなら辞めろ」

と突っぱねることも必要です。「仕事は道楽

ではない」という強い姿勢も押し出す必要が

あります。

経営全体を考えたうえで、最高の人事で

あると判断した以上、迷いは吹っ切りましょう。

では、また。・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・「抜き打ちチェック」
効果がない。反感を買うだけです。事前に
点検日などを発表しておくのが正しい。たと
えその日だけでもキチンとやれればレベルが
上る。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ