岡目八目

2016.12.16(金)

「岡目八目」という言葉をご存知の方も多い

かと存じます。この言葉の意味は、当事者

よりも第三者のほうが、冷静で客観的に物事

を見られるということです。

a088b1a7

そもそも、この言葉は、囲碁が語源です。

対局している当人達より、傍で見物している

人達のほうが、八目も先の手が見えるという

意味です。

仕事の休憩時間や公園のベンチ、そして

縁側などで、昔はよく囲碁や将棋に耽って

いる人を見かけました。そんなときに傍で

しばらく眺めていると、「あぁ、そこに打

ったらアカン」なんて思ったものです。

「人の事は目に見ゆる。我が身の事は

人に問え」という諺もあります。

他人のことはよく分かるけれど自分の

ことは分からないもの。自分のことは人に

訊いて教えてもらいなさい、ということです。

一つのことに熱中しているあまり、思考が

挟まったり、仕事の仕方が固定化・マンネリ

化していることに気付かない、ということは

よくあることです。

そこで、一日に一回でいいですから、

ふっと自分のことを省みて考える時間を

作ってみましょう。 そして、積極的に

周りの人にアドバイスを求めて下さい。

「なんだ、こんなことで悩んでいたのか」

と、意外な展開があるはずです。

さて、12月も半ばを過ぎ、年内の仕事

もあと1週間程度となりました。たとえ

何があっても、どんな状況であっても、

月日は間違いなく過ぎていきます。

残り少ない2016年を力一杯、

精一杯、全力を出し切って過ごしましょう。

では、また。・・・・・・

====================
本日の言葉の定義・・・・「 能力 」
違いはあるが、優劣はない。得意、不得意は
ある。与えられた場所で、与えられた仕事が
できることです。励まされ、認められること
によって、花開く。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ