新人の皆さんへ

2017.1.10(火)

皆様、あけましておめでとうございます。

本日より、ブログ再開いたします。

今年もまた1年、宜しくお願い致します。

people03-001

さて、2017年のスタートに際し、

どんなお話をさせて頂こうかと考えており

ましたところ、私共の様な零細企業には

珍しく、昨年暮れと本日に新人が入社しま

した(本日はまだ予定ですが・・)ので、

このブログを読んで頂いている方の中に、

新人さんがいらっしゃいましたら、新人の

皆様に向けて少々お話させて頂きます。

私共のような零細企業や中小企業において、

社長とは、会社そのものであり、社長がよく

学び、常に危機意識を持たなければ、会社は

決して良くならないものなので、私は大抵、

社長や幹部の立場におられる方に向けて発信

させて頂いていますが、実際には社長だけが

勉強し、社長だけが危機感を持って経営に

あたっていても、会社は一向に伸びません。

当り前ですが、社長の体は1つだけですから、

できることには限界があります。どうしても、

社長の意を汲んで、それを実行してくれる

人材が必要になります。

そしてその人材こそが、新人と呼ばれる

皆さんなのです。皆さんは、現時点では

ともかくとしても、5年後、10年後に、

組織を引っ張り、会社を改善していく原動力と

ならなくてはなりません。そのためには、

仕事と向き合う基本姿勢を、社会人としての

スタートを切って間もない今のうちに身に

付けておくことが極めて重要なのです。

スポーツや音楽で一流と言われる人は、

皆、子供の頃にうんざりするくらいの基礎を

叩き込まれています。その時は辛いですが、

基礎がしっかりしていれば、自由に応用が

出来る様になり、後で必ず楽しくなります。

状況に応じて球を打ち分けたり、細やかな

感情の機微を鍵盤で表現できる様になる。

その楽しさを、仕事を通じて皆さんにも

知って頂きたいと思います。

仕事と名の付くものは全て、半端無く

しんどいものです。しかし、心掛け次第で

そのしんどい中にも、数えきれないほどの

楽しさを見つけることができます。

残念ながら世の中には、その楽しさを

味あわずに会社人生を閉じてしまう人が少なく

ありません。でも、皆さんにはそうなって

欲しくないのです。

今年はそんな皆さんに向けても、時々書かせて

頂きます。私が書くようなことは、皆さんには

もしかしたら口に苦すぎる「良薬」になるかも

しれませんが、簡単に出来そうに思える事だけ

で構いませんから、騙されたと思ってすぐに

実行してみて下さい。そうすればきっと、

皆さんの社会人生活が輝かしいものに感じられる

はずです。「成長したな」「いい仕事ができる

ようになったな」と実感できるようになります。

本日は内容に入りませんが、明日以降、たまに

発信していきます。ちょっとでも気になった方は

しばらくこのブログに付き合ってみて下さい。

では、本日はこのへんにて・・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・・・・「 敗者 」
負けてから味方を探し始める。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ