新規開拓

2017.1.12(木)

新しい得意先を増やすことは決して生易しい

ことではありません。しかし、既存の得意先

だけに依存していては企業の成長はありません。

今迄あまり新規開拓に興味を持ってこなかった

という方々、今年は思い切って、新規開拓に

チャレンジしてみませんか?

shutterstock_248863420

新規開拓には、こうすれば上手く行くという

方程式はありません。多様な相手を対象とする

だけに、いろいろな方法を組み合わせながら

攻めていくことが必要になります。しかし、

どんな方法をとっても、最後の決め手は営業マン

自身の人間性を相手に認めさせ、相手から信用

して貰えるかどうかにかかってきます。

先ず自分を売り、次に会社を売り、最後に

商品を売るという鉄則を忠実に実行することが

肝要です。

もう1つ重要なポイントは、ライバル企業の

動きを充分に把握しておくことです。

「営業政策」「商品戦略」「営業マンの行動」

これらを、自社のそれと比較して、ライバル

より優れている点や劣っている点を充分認識

したうえで攻めなければなりません。つまり、

攻めるポイントを明確に持つことが大切なのです。

次に、新規開拓を行う先ですが、買ってくれる

のならどんなお客様でもいいという訳ではあり

ません。どんな条件を持ったお客様と取引すれば

良いかを事前にしっかりと考えておきましょう。

販売力がある」「経営内容がよい」「既存

有力得意先と競合しない」というような条件が

満たされれば、概ねよしと言えますが、同じ様な

ことを、ライバル会社も当然考えていますので、

なかなか上手くはいきません。そして、単発的な

取引きでは安定した売上は望めませんから、

繰り返し長期に渡ってご注文いただける通常取引

の見込める先様でなければなりません。

その為には、「経営者の考え方」「仕入れ政策」

「販売政策」の面で、自社の考え方と共通の部分

や接点のあるお客様であることが重要となります。

そうでなければ、長く良い付き合いをすることは

厳しいでしょう。

ですから、訪問の比較的早い段階で、営業マンが

先様の考え方や政策を聞き出すことが大切です。

これらのことがきちんと組み立てられれば、

後はやるだけです。さあ、始めましょう。

では、また。・・・・

====================
本日の言葉の定義・・・・・「 生え抜き 」
無能な人を長にすると、古い考えや本家と
いうような態度をふりかざし、有能な人間が
去ってしまう。無能な人間は去らない。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ