本当に大切なもの

2017.1.16(月)

本日は「職場の教養」1月号より

8日(日)分の記事を紹介します。

タイトル : 内側の汚れ

======= ここから =======

ある休日の朝の出来事です。Mさんはトイレ

に入りました。使用後に水を流すと、なぜか

詰まってしまいました。そこで、ラバーカッ

プを使用して、詰まりを解消しました。

79aced7f6113db09814b5fafbf09ac4a-1024x683

軽く水で洗って、元の位置に戻そうとすると、

ふとカップの内側が目に入りました。よく見

ると、カビが生えています。

Mさんのモットーは「物は生きている」です。

そう思って物や道具を大切に扱ってきましたが、

これまでカップの内側を気にしたことはあり

ませんでした。

そこで、洗剤を使って内側まで念入りに洗い、

天日干しをして、元のところに戻したのです。

ラバーカップを洗いながら、汚れにまみれても

嫌がらず、効果を発揮してくれる道具に、改めて

感謝することが出来ました。

日常使う道具は、外見はきれいでも、内側が

汚れていることがあります。普段目にしない

ところも、時々確認して掃除しましょう。その

物のありがたさを見直す、良い機会にもなる

でしょう。

======= ここまで =======

この記事の伝えるところは、目につかない

部分もきちんと綺麗に掃除して、物を大切に

扱い、その有り難さに感謝しましょう。という

内容ですが、私が一番気になった部分は、

「外見はきれいでも、内側が汚れている」

という部分です。

機械や車で言えば、外側をいくら磨き上げて

ピカピカにしても、エンジンや駆動ギアに

不具合があれば役に立ちませんし、人で言う

ならば、いくら絶世の美女であっても、心が

不細工な女性を妻にしたいとは思いません。

つまり、本当に大切なものは何か、その

大切なものを大事にしているか、磨きをかけて

いるか。そこのところが重要なんだと、私は

思うのです。

年初にあたって、今の自分にとって本当に

大切なのもは何なのか、改めて見つめ直したい

と思います。 では、また。・・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・「 飲みニケーション」
常日頃から従業員同士がコミュニケーション
を通して、お客様満足のために意欲をもって
働く環境や場を設ける。4週に1回行う。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ