もうひとがんばり

2017.2.1(水)

当たり前のこと(原理原則)ができていない

会社が多いです。トップ自らが「忙しくて・・」

「人がいなくて・・」「うちの業界は特殊だか

ら・・」等と言い訳をすることが多いです。

ある実態調査で、どの取引先がどの位利益を

上げているのか、どの取扱商品が儲かっている

のかを調べましたが、ほとんどの会社で実際に

管理しているのは、取引先別・商品別の売上高

だけであり、利益については管理していない

(データが整備されていない)という実状でした。

世間には営業に関する情報が氾濫してますが、

多くの場合、「インスタント」を売りにした言葉が

飛び交っています。継続してこそ成果が出る

といった言葉はそこにはありません。

なぜなら、それではアナウンスしている商品・

サービスが売れないからです。成果は、直ちに

出せるに越したことはないからです。トップ

セールスマンなどのセミナーに参加し、どれ

だけの営業マンが成果を出しているのか、

私は甚だ疑問です。

では優秀な営業マンとそうでない営業マンの

違いは何でしょう?優秀な営業マンが持っていて、

そうでない営業マンが持っていないもの、それは、

『センス+もうひとがんばり』 です。

それではセンスのない営業マンはどうしたら

よいのでしょう?優秀な営業マンが持つセンスは

ムリにしても、我々にも『もうひとがんばり』は

真似できるのではないでしょうか。

人の心には「怠け癖」「楽をしたい」「手っ

取り早く儲けたい」といった気持ちが蠢いています。

このような気持ちがギャンブルや、ばくち的な

金融商品に手を出し、最悪の結末になった例を

我々は多数見聞きしてきました。

私達はインスタント志向の強い社会に置かれて

います。電子レンジでチンするインスタント食品、

コーヒー等。しかし、インスタントな「成功」は

滅多にありません。

この『もうひとがんばり』を言い換えるなら、

『仕組みをつくるための努力』と言ってもいい

でしょう。『仕組み』とは、業務を標準化し、

手順書(マニュアル)にすることです。

優秀な営業マンは手順書がなくても、業務の

手順を体(感覚)で覚えているのです。しかし、

凡人営業マンは業務手順を文書に落とし、繰り

返し手順書どおりに、体が覚えるまでやり続けて

覚えるしかありません。これが『もうひとがん

ばり』の意味です。決して精神論的な「頑張り」

ではありません。

私もそうであったように、凡人営業マンが

収益を上げるには『もうひとがんばり』が

欠かせないのです。  では、また。・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・・「パレートの法則」
世の中の社会現象はすべて、少数(20%)
の事柄が結果の大部分(80%)を左右し、
大部分(80%)の事柄は、結果の小部分
(20%)にのみ影響している。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ