強みと弱み

2017.2.9(木)

人には、出来ること(強み)と、出来ない

こと(弱み)があります。これは誰にでもある

ものです。けれど、どちらにより関心を持ち、

どういうことに努力をするかは、人それぞれ。

皆さんは自分の出来ること(強み)と出来ない

こと(弱み)のどちらにより関心がありますか?

私見ですが、前者(強みにより関心を持つ人)

の方が成功(いい人生を送る)する確率が高い

ように思います。なぜなら、弱みにより関心を

持っている方は、基本的に弱い人が多いと考える

からです。弱い人とは、マイナス思考の人と言い

換えてもいいかもしれません。弱いからこそ、

自分の弱みとすることを避けたくて、自分の

弱点ばかりに関心を払い、実際に避けることに

のみ努力するのです。これでは逃げることしか

出来ない人になります。

逆に、出来る事(強み)により関心のある人は、

とにかく先ず実行出来る人です。出来ると思って

いるから、躊躇なくトライする。トライしてみて

仮に出来なかったとしても、もともと出来ると

思っていたものだから、悔しさから何故出来な

かったかを考え、方法を修正し、再びトライする。

2度目もダメだったとしても、3度、4度と、

出来るまでトライ&エラーを繰り返します。

そして結果的にやり遂げてしまうのです。

仕事(会社経営)でも同様のことが言えます。

業績の振るわない会社、負け組と言われる会社

に共通するのは、自社の、競合他社と比べて

劣っている要素にばかり着眼し、なんとかしよう

と弱みにばかり注力している点です。これでは

絶対にライバルに先んじることは出来ません。

ライバルの後を追いかけるばかりになります。

これではどうしてもジリ貧です。

ライバルに勝つ為には、相手の弱点を見極め、

その弱点に対して自社の勝っている(勝てる)

要素を徹底的に強化し、相手を叩くことです。

そして、これを行う為には、自社の出来ること

(強み)に着目(関心をはらう)し、きちん

と自社の強みを認識して、普段から磨きをかけて

おくことが必要です。

この様に、個人であれ、組織であれ、強みを

活かしきることが、成功への絶対王道だと私は

考えています。私同様、経営者である皆さんは、

こういう考え方があることだけでも、頭の隅に

置いて頂ければ幸いです。

では、また。・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・・・「 販売促進費 」
お客様の数が増加することに使う。使わない
と叱られる経費です。1年以内に成果に正比
例する費用のことです。効果を数字で測る
ことが出来る。1年後、投資した金額だけ
粗利益が増加していればよい。地域を限定
して、思い切った物量作戦を行うと効果が
ある。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ