お客様の利益

2017.2.21(火)

「お客様の利益」それは、お客様が商品や

サービスを通して手にする最終成果のことで、

利点と言い換えてもよいでしょう。

何か困っていたり、問題があったりした時、

それらを解決するような物やサービス、更には

「もっと・・・したい」というお客様の要望に

応えられるものが利益だということになります。

 

『全く必要のないところに販売トークはない』

 

当たり前のことですが、これが本当に分かって

いる人は意外に少ないように思います。販売成績

をのばす秘訣は、「必要なものを必要な人に

必要なときに売る」ということです。この言葉は

トヨタの「かんばん方式(ジャストインタイム)」

で有名です。(元来はアメリカの航空機製造

工場で、第2次世界大戦時に在庫コストの節減

効果を図るために採用されたものです。)

必要のないところに行って、契約がとれないと

嘆いても意味がありません。水を飲みたがらない

馬を川に連れて行くことはできても、水を飲ま

せることはできないという例え話もあります。

どうしても水を飲ませたい場合には、馬を思い

切り走らせて喉がかわく状態をつくりだし、

水を飲みたがるようにしてから水を飲ませる

というようなことも考えなくてはなりません。

セールスの世界でもまったく同じことが言えます。

優秀なセールスマンは決して無理に売ろうとは

しません。自然に売れるように手を打っていく

からです。そのためにも、まず最初に、買って

くれそうなお客様を見つけ出すことが大切です。

つまり、ニーズの有無を見分けながら、ニーズ

のありそうなお客様にしぼって、アプローチを

かけていくのです。必要でないものを必要として

いない人に対して、いくら売ろうとしてみた

ところで、売れるものではありません。

では、また。・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・・・・「 非常識 」
新しいことです。業界の非常識を積み重ね
ないと、日本一とか、世界一にはなれない。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ