挨拶も方針

2017.3.15(水)

本日は「職場の教養」3月号より

15日(水)分の記事を紹介します。

タイトル : 好印象の秘訣

======= ここから =======

事務を担当するS子さんは、机が部屋の

入り口に近いため、来客の応対をする機会が

多くあります。

S子さんは明るく爽やかな女性です。社内

でも好印象を持たれており、取引先の担当者

からも評判です。

なぜかというと、S子さんは、社員やお客様

と挨拶をする際、必ず相手の名前を口にする

のです。

「A係長、おはようございます」「B様、

お待ちしておりました」「C社長、いらっしゃ

いませ。お久しぶりでございます」といった

具合です。

人は名前を呼ばれることにより、自分の存在

を認められたという満足感が芽生え、嬉しい

気持ちになるものです。そして、相手との距離

がぐっと縮まります。

日頃、身近な家族に対し、また社内において、

さらには顧客や取引先の担当者に対して、どの

ような挨拶の言葉を掛けているでしょうか。

S子さんの対応を参考に、明るい挨拶を

心がけましょう。

======= ここまで =======

私も上記の事を大切に思う一人です。

その証拠に、我社の経営計画書の【お客様に

関する方針】の3の2には、次の様に記して

います。

 

お客様を個人の名前でお呼びする。
(名前でお呼びすることで、名前で呼ばれる
様になる。)

 

よく注意して観察していると、案外肩書だけ

で呼び合っているケースが多いものです。

余程、自分の名前にコンプレックスを持った

人でない限り、名前で呼ばれる方が嬉しいに

決まっています。であるならば、名前でお呼び

して好印象を持って頂くことでライバルに差を

付けることは正しい戦術です。お客様に好印象

を持って頂く事が、自分(自社)にとってデメ

リットとなることなど一つもないですから。

もし、皆様が肩書で呼ぶ習慣の人ならば、

すぐに改めて下さい。決して損はありません。

では、また。・・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・・・・「 敏速 」
見たら行け、聞いたら走れ、言われたら飛べ。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ