見られている

2017.3.28(火)

以前に読んだ、あるレストランのお話。

======= ここから =======

そのレストランは、売上を伸ばすために、

新メニューを作成したり、クーポン券を発行

したりと、新しい取り組みに力を入れていま

したが、なかなか思うように行きません。

そこで店長さんは、店内を改装し、オープン

キッチンに作り替えました。オープンキッチン

とは、厨房と店内の仕切りがなく、料理人の

仕事ぶりとお客様の食事の様子が見える造り

のことです。

そうすると、料理人の姿勢が変わり、味

そのものの評判も上がって、リピーターが

増え、売上も上がりました。

======= ここまで =======

人は、周りから「見られている」と感じる

ことで、大きく成長します。それは、スポーツ

の試合や授業参観なども同じです。

大切なのは、いつでも見られているという

意識で取り組むことです。

我社は工場を抱えています。工場は基本的

にはお客様がお見えになる場所ではないです

から、放っておいたら上記のような意識は

芽生えません。

ですから私は、年に4日「お客様御招待日」

というものを設け、我社の工場見学に御招待

しています。当日は、午前と午後各1組様、

(人数は制限していません)をご招待し、

工場見学だけでなく、我社の現在の取り組み

や今後の方針等をお話させて頂き、約2時間

程度のプログラムで行います。(詳細は長く

なるので割愛させて頂きます)

又、「招待日」でなくとも、御客様の方から

依頼があった場合や、新規営業中の見込み

顧客様を口座開設へ持ち込む為の手段の

1つとしてもお招きしますので、閉鎖的な

印刷会社の工場としては、とてもオープン

に営業させて頂いております。

こういう取り組み方で、自社工場スタッフ

に「見られている」意識を持たせ、成長を

促しているのです。

自社より強いライバル会社と戦うのに、

同じ戦術、同じ方法で戦って、勝てるはずが

ありません。ライバル達とは違った視点で

見て、違った方法で自社の強みを作り出し、

それを磨き上げることで他社との差別化を

図るのです。そしてそれを前面に押し出した

セールスに特化することで、強いはずの

ライバル会社にも勝つことができるのです。

皆さんも是非、ここだけは負けないという

自社オリジナルの強みを作り上げ、その強み

を活かした活動を行って下さい。

では、また。・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・・・「 付加価値 」
商品にラブストーリーをつけることです。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ