徹底する

2017.4.5(水)

徹底するとは、他人から異常だと思われる

くらい執念を持って実行することだと私は

理解しています。平たく言えば、誰もが出来る

ことを、誰にもできないくらい続けてやると

いうことです。

今の時代の商売において、私がとても重要視

していることのひとつに、お客様との関係性の

強化があります。お客様との間に強い関係性を

つくり出すのには、大変な手間がかかります。

しかし、手間がかかるからこそ、凄く価値が

あるのだと思うのです。

会社というものは、基本的に手間のかかる事

を嫌う傾向にあります。とにかく効率化を図る

のだと、なんでもかんでも効率化が一番だと

考える風潮が充満してしまっていますが、はた

してそれが正解なのでしょうか。私にははなはだ

疑問です。

確かに工場での生産というような製造工程に

おいては概ね正解だと言えますが、店舗での

販売や営業マンの活動といった、直接お客様と

接する部分においては決してその限りではあり

ません。それどころか、全く逆だと私は考えて

います。

例えばコールセンターです。最近ではどの

会社でも先ず最初はコンピュータ音声で応答が

あり、用件に応じて何段階か振り分けられ、

その後ようやく担当部署へ繋がります。

(ひどい場合はそこからまたたらい回しにされ

たり、結局繋がらなかったりしますが・・怒)

これも企業側の効率化を最優先し、最小限の

人件費でおさえようとした結果ですが、電話を

下さったお客様はそれで満足して頂けるでしょうか。

私にはそうは思えません。

お客様との関係性を強いものにしたいと考える

ならば、効率化を目指すのではなく、手間暇を

かけてでも、誰でもできるけれど誰もやりた

がらないことをコツコツとやることが大切なのです。

ブログやSNSで毎日、お客様の知りたい情報

を発信する。毎月、関係性の深いニュースレター

を発行する。季節ごとにお手紙を書く。という

ような、誰もができることを、誰もができない

くらいやると、それは価値となります。これが

すごく重要なのです。これが真理なんです。

つまり、お客様に向けて、どれくらいのエネルギー

をかけるかということです。

商売で一番大事なのは、商品でも無く、現金

でも無く、「お客様」です。どんなに普通のこと

でも、突き抜ければ価値になります。今は、手間の

かかることでしか、人の心を動かすことは出来

ません。手間のかかることを続けて、お客様との

強い関係性をつくり出していきましょう。

因みに私のこのブログも本日で985稿目です。

ほぼ毎営業日に投稿して3年半になります。

営業スタッフにもスタッフブログを週に1回

投稿させています。(こちらは2年半程になります)

他にも直接お客様との接点では手間を掛けた

活動をいくつか行っています。我社はこういった

ことに力を入れ出してまだそれほど長い年月が

経つ訳ではないですが、それでも以前にくらべて

関係性が強くなったと実感できるお客様が増えて

きました。

皆さんの会社がもし、効率化一辺倒の方針ならば、

一度よく考えてみてはいかがでしょうか。

では、また。・・・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・・・・「 不満足 」
過去をひきずっているからです。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ